緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

いつもより少し遅めにゆっくりと

本日は朝から本社に行くので、いつもよりもゆっくり。

なんと普段よりも1時間半も多く眠れました。

凄いですね。

 

本社に勤めれば毎日それ位まで眠れるんだと羨みつつ、休職中前に本社に居たときは6時に家を出て24時に帰るみたいな生活していたから状況次第なんだと思い直しました。

 

 

いつも満員でギュウギュウになっている電車も余裕があって、心なしか時間がゆっくり過ぎています。

 

普段とは違うことがあると少し嬉しいですね。

 

今日という日を大切に過ごしましょう。

【感想】NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017 埼玉 さいたまスーパーアリーナ 2Days

昨日と一昨日は、水樹奈々さんのライブツアー「NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017」の千秋楽に、さいたまスーパーアリーナまで行ってきました。

 

 相変わらず素晴らしいライブであるのは勿論のこと、やはり千秋楽ということで、かなりスペシャルなステージになっていました。

 

土曜日は、奥様が亡くなられた関係でツアーに参戦していなかったギターのイタルビッチこと渡辺格さんが公演終盤から電撃参戦。

セットリストも一部変更で、最後に奥様がステージに立たれたLIVE THEATERの伝説的な一曲、SCARLET NIGHTを演奏していました。

チーム水樹の優しい心遣いに、事情を知っているファンは泣くしかありませんでした。

 

当日は3.11ということで、アンコールでは東北支援曲「花は咲く アニメスターバージョン」を歌唱。

真面目に聴いたこと無かったのですが、良い曲ですね。

優しく語りかける様なお奈々の暖かさを感じました。

 

 

日曜日は、千秋楽ということでお奈々も我々も全力全開。

 

最後の跳び曲3連続では、個人的な応援歌Don't be longが来て歓喜

なんだか感極まって、次のUNLIMITED BEATではwow wow言いながら泣いてしまいました。

 

アンコールでは、土曜日と同じように「花は咲く」を歌ったのですが、なんとスペシャルゲストとして声優の山寺宏一さんが登場!

早口の中でも噛まずに伝えたいことをしっかり伝え、なおかつ観客を楽しませる技術は神がかっていました。

お奈々とのデュエットでは、聞き惚れるほどの良い声。

スペシャルな一曲でした。

 

 

3ヶ月に及ぶ7年ぶりの冬ツアー。

1月の初めから参戦してきて計6公演。

あっという間に最終日を迎えて、楽しかったという想い出と共に終わってしまう寂しさもあります。

 

やっぱりツアーは複数公演参戦するに限ります。

各公演にしかない特別を、お奈々達と同じように楽しむ。

それが、ツアーの醍醐味です。

 

 

次は4月の出雲大社奉納公演。

どんなライブになるか皆目検討が付きませんが、どっからでもかかってこーい!

本当の本当に最後

本日の公演で、三ヶ月に及ぶ水樹奈々さんのツアーが本当に千秋楽を迎えます。

 

寂しいですね…。

 

 

 昨日のライブで盛り上がりすぎて疲労困憊ですが、更に盛り上がっていこうと思います。

 

でも、眠いので布団から出たくないのも本音…。

 

 

最後の公演も全力でかかってこーい!

いよいよツアーラスト

本日と明日のさいたまスーパーアリーナでの公演で、長かった水樹奈々さんのツアーもいよいよ終わり。

 

愛知二日目、代々木二日間、沖縄と、四公演行ってきましたが、毎回新しい発見があって楽しいです。

 

さぁ、この二日間はどうなるのでしょうか。

 

今日も明日も、かかってこーい!

失敗する権利

 あなたには、失敗する権利がある

 

休職中に出会い、かなり助けになっている「自信をもてない人のための心理学」という本に書いてある言葉。

 

この短い言葉が、今の私を救ってくれました。

 

 

今の職場はなかなか厳しい(というか性格に難のある)人達が多くて、少しでも失敗すると「何やってるんですか?」と詰められる環境です。

自己評価が低く、失敗への恐れが強い私にとって、そんな環境はまさに檻。

「失敗しないように。失敗しないように。」という思考がどんどん強くなっていき、やりたいように出来ない強い閉塞感を抱いていました。

 

 

そんな中、この言葉を読んでハッとしました。

 

自分は失敗しても良い。

上手くいかない権利がある。

そして、助けを求める権利がある。

だから、怖がる必要なんてない。

やれることを、やりたいようにやってみよう。

 

そう思ったら、心が軽く、少し前向きになって、なかなかに良い感じで一日を過ごすことが出来ました。

 

 

「ガンガン失敗していこう!」とまで前向きにはなれませんが、少し位なら耐えられる位には、強くなったと思います。

 

 

ゆっくり気楽にやっていこうと思います。 

 

自信をもてない人のための心理学

自信をもてない人のための心理学

 

 

 

就活生に昔の自分を重ね見る

3月1日から就職活動が解禁されたということで、街中では就活生の姿をよく目にします。

 

男子も女子も真新しいスーツに身を包み、同じような格好で同じような事を言う。

異様な光景ですね。

 

 

就活生を見ると、昔の自分を思い出して嫌になります。

 

斜に構えて社会を見て、ろくに就職活動もしないで表面上だけでベンチャー企業に行きたいと言った。

それを父親に見事に潰されて、自分のそれまでを全部否定されて、言いなりになってやり直した。

もはや軸なんてものはなく、ただどうにかしなければと偽り続けている内に今の会社に出会い、運良く拾ってもらった。

 

一言で言うならば、ろくな就活してない訳です。

 

なら、今働いている自分は本当の自分で無いのかと言われると、微妙です。

そもそも、本当の自分なんてものは無いのかもしれない。

ありもしない幻想を夢見て、それを否定されただなんだ喚いているだけなのかもしれない。

あるいは、そうは言いながらも人の意見に従う自分が本当の自分なのかもしれない。

 

なんにせよ、就活生を見ると嫌になります。

 

だから私は思うのです。

就活なんて制度無くなっちまえ、と。

空いた時間の過ごし方

本日は午前中通常勤務、本社に移動、お昼頃に研修があって、その後17時から産業医面談というスケジュールです。

 

研修が終わってから産業医面談まで約2時間半の空き時間。

 

何を過ごして過ごせば良いか思案中です。

 

本社の最寄り駅には娯楽施設はおろか、漫画喫茶すら無いようなのですね。

どこか一人になれる場所を探してウロウロしますか。