読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

電車の乗り方

子供の頃、電車やエレベーターに乗る時には必ずドアの脇に立ち、降りる人を優先させてから乗る、という事を親から教わった。

 

これはマナー的な意味でもその通りだし、物理的にももっともだ。

降りようとする人の波に逆らって乗ろうとすると、当然流れがぶつかって滞る。

流れが滞れば、イライラする人や、乗れない人も出てくる。

降りる人と乗る人できちんとターンを分けた方が、イライラすることもないし、結果的により短い時間で乗り降りが終わるのだ。

 

私はこれを当たり前のこととして受け入れ、実践していたのだが、どうやらそうではないらしい。

普段電車に乗っていると、降りる人の波を掻き分けて乗ろうとする人が相当数存在する。

私がドアの脇で降車が終わるまで待っていると、後ろから背中を押してくる人もいる。

 

どうにも私は釈然としない。

降りる人を掻き分けて乗ることは苦痛ではないのだろうか。

前の人を押してまで乗ろうとするのは何故なのだろうか。

もしかしたら、発車のベルが鳴ってしまったので焦っているのかもしれない。

だが、車掌も馬鹿ではないので、きちんとホーム上で乗り切れていない所がないか確認の上ドアを閉める。

だから、乗ろうとしているのにドアが閉まる、ということは発生し得ない。

 

それでも我先にと乗ろうとするのは、心に余裕がないからだ。

「降りる人を待とう」と思える余裕がないからだ。

常に焦っていて、「自分が自分が」と考えているからだ。

これはきっと電車の乗り降り以外にも言えて、何にでも焦っていて、自分のことしか考えられない人が多分多い。

 

毎日毎日何かに焦っていて、追いかけられる日々というのは息が詰まる。

だから私は、余裕を持ちたい。

立ち止まることの出来る位の余裕を常に持ち続けていたい。

 

そんなことを思う私の前に、電車が滑り込んできた。

毎日毎日何かに焦っていて、追いかけられる日々というのは息が詰まる。

だから私は、余裕を持ちたい。

立ち止まることの出来る位の余裕を常に持ち続けていたい。

その為に、私は今日も、ドアの脇に立つ。

私は私

GWで気付いた事の四つ目(最後です)は、私は親とは違うという事です。

 

父親との違いを一番の感じたのは車の運転。

何度も言っていますが、私は「負けない運転」、つまり安全運転を心掛けています。

なので、スピードはあまり出さず、車間距離も開けるようにしています。

対して父親は、かなりスピードを出して車間距離を詰めるタイプの運転をします。

そんな父親の運転する車に乗っていると、私としてはとても怖いのですが、運転をする父親自身は当然何も感じない様子。

性格がダイレクトに出る運転を通じて、父親との違いを認識した訳です。

 

母親に対しても同様で、私は人と接するとエネルギーを使うタイプの人間ですが、彼女は逆に人と話すことでエネルギーを補充するタイプの様子。

親戚の家で、私が疲れて蟻を眺め始めたら「こんな暗い子に育てた覚えはないのにねぇ」と冗談混じりに言っていました。

私が蟻を眺めるのは、単純に面白いからと、エネルギーを補充するためなのですけどね。

 

 

安全運転だろうが、暗かろうが、それが私なのだから仕方がない。

今まで二十数年生きてきて、その中で色々と経験をして、それにより形作られた私なのだから仕方がない。

親は、「自分がこうだから子供もこう」と考えてしまいがちなのかもしれません。

確かに遺伝子を半分ずつ引き継いでいたとしても、私という人間は独立した個人であり、親と同じであるということはあり得ないのです。

親は親で、私は私。

何を考え、どう行動するかは、全く違って当然なのです。

 

一年前の私は、その違いを認識出来ず、「親に出来ることを出来ない自分はダメだ」と思っていました。

でもそれは間違いで、本当は「私は親と違う」ということでしかないのです。

それで当然、当たり前なのです。

 

その事実に気付けたのは、私がこの一年で、何かしらの変化をしたからだと思います。

今回のGWは、それを自覚する良い機会になりました。

 

これから先も、私は親と付き合いながら生きていくことになりますが、常に「親は親、私は私」を意識して生きていきます。

それが事実であり、私が私であることの証なので。

 

お酒との付き合い方

GWで気付いた事の三つ目は、お酒との付き合い方を考えようという事です。

 

まだきちんとアウトプットしておりませんが、最近はプログラミングの勉強をほそぼそ始めております。

旅行中も、なるべく毎日触る習慣を付けようと、PCを持っていって毎日少しでも勉強していました。

 

一方で、せっかくの遠出なので、晩御飯の時には地酒なんかを頼みたくなる訳です。

美味しいご飯とお酒に満足してホテルに戻っていざ勉強をしようとPCを立ち上げても、酔っ払った頭では内容が上手く頭に入ってこない、考えられないのです。

なんとか頭をシャキッとさせようとしても、酔いというものは中々しぶといもので、すぐには消えない。

勉強をしたい自分と酔っ払った頭がせめぎ合うのは、なんとも言い難い感覚で、一言で言うならば面倒臭いでした。

他にも、なんだかいつもよりもテンションが高くてあまりお避けを飲まない奥さんから面倒臭がられる、それを見て自分でも反省する、など面倒臭い事がありました。

 

思い返してみると、普段の飲み会でも帰りの電車で本を読みたいのに頭がポワポワして読めない、飲み会の場で何を言ったか覚えていない、喋り過ぎる等、似たような経験をしていました。

 

そもそも、お酒というものは人間の理性を緩くして気持ち良くさせるものです。

なので、その後に勉強をしようとした私が悪いのかもしれません。

なので、今回の気付きとしては、お酒は時と場と飲む人を考慮して、適量で楽しみましょう、という事です。

当たり前の事ですけどね。

 

 

昔読んだ何かの小説に、こんな文章がありました。

「いつからだろう、お酒を飲まなければ本音を言えなくなったのは」

社会人になると、飲みの機会が増えて、お酒を飲むことが当たり前になります。

でも多分、本当に大事なのはお酒ではなく、それを通じて何を話すか、どんな時間を過ごすかだと思うのです。

なので、お酒との付き合い方を今一度認識することは、より良いお酒生活を送る為に欠かせないのではないでしょうか。

運転が好き

GWで気付いた事の二つ目は、私は車の運転が好きだということです。

 

 昨日の記事にも書きましたが、GW中は沢山運転したにも関わらず全然精神的に疲れませんでした。(目や首が痛くなるという肉体的な疲労はありましたが)


大人数の場は苦手 - 緩くいこうぜ、人生長いんだ。

なので、どうやら私にとって運転は好きなことの一つの様なのです。

 

運転が好きな理由は大きく二つあります。

一つ目は、限定的な空間にいられるから。

車内は、外部から隔離されたスペースです。

その中にいる限り、外部との接触は無く、そこにいる人達だけの空間である訳です。

自分一人であれば完全な個人スペースに。

誰かいれば、その人との共有スペースに。

限られた空間の中で、限られた人と外部と隔絶された中にいられるというのが、私を落ち着かせ、リラックスさせるのです。

 

二つ目は、自分の思うように動くから。

車は機械ですが、それを動かすのは運転者である私です。

私の踏んだアクセルが、回したハンドルが、車の挙動となって現れる訳です。

その「自分が操作している」という有能感が、日々上手くいかないことだらけの日常から私を引き離してくれるのです。

以前も書きましたが、私の運転スタイルは「負けない運転」です。


運転の心構え - 緩くいこうぜ、人生長いんだ。

そんな自分の性格を反映出来るというのも魅力なのかもしれません。

 

以上理由をまとめると、どうやら私は、「外部とは隔絶された空間の中にいて、自分の有能感を感じられる」から運転が好きなようです。

もちろん、目的地に行ってキレイな景色を見たいとか、美味しいものを食べたいとかの動機もありますが、その過程で得られる感覚が一番の理由なのかもしれません。

 

なんなら今も、今すぐに車を借りて遠くまでドライブしたいと思っています。

一年前は思いもしませんでしたが、運転は間違いなく私の好きな事の一つになっています。

 

私達は日々やりたくもないことや面倒臭い事に囲まれて生きています。

そんな中だからこそ、自分が心から楽しめて、リラックス出来ることを見つけることが大切です。

そうでなければ潰れてしまうから。

 

今すぐに車を借りて遠くまでドライブしたい。

そう思ってそれが出来るなら、やった方が良い。

面倒臭い日々、楽しい事は少しでもやった方が良いのです。

大人数の場は苦手

皆様、おはようございます。

GWいかがでしたでしょうか?

私は疲れ過ぎていたようで昨夜は22時には早々と就寝いたしました。

お陰で大分疲れが取れました。

 

 

さて、本日から数回に分けてGWで気付いたことをまとめていきます。

まず一つ目は、大人数の場は苦手だということ。

 

今回の愛媛行きのメインの目的は祖父の墓参りでした。

なので、当然実家の親や、親戚にも会った訳です。

本来は全く気を張らなくて良いはずの親族ですが、どうにもとても精神的に疲れました。

 

親戚と会う前日は、妻と二人でドライブに行きました。

その時は、しこたま運転したのに精神的な疲労は全くありませんでした。

むしろ元気になった位。

ですが、いざ当日家族、親戚と会って話し始めると、徐々に疲れが溜まっていく…。

しまいには返事をするのも面倒になってきて、絨毯を歩き回る蟻を眺め始めていました。

 

親戚の人達は凄く良い人で、彼ら自体はとても好きです。

しかし、人が集まる場にいることと、会話をするということがどうにも疲れる。

やっぱり自分は人付き合いが苦手で、一人、あるいは少数でいる方が精神的に楽だなぁと思いました。

 

だから、 これからの生活でもなるべく自分の精神的に楽になるように行動しようと思います。

一人の時間を大切にする。

大人数のイベントや飲み会の後は必ず休む。

そうやって精神のバランスを取ることが大事なのだと思います。

 

GW、その終わり

今から東京に向けて帰ります。

 

最終日の本日は道後温泉に行ってまったりしてきました。

 

愛媛の海と山と美味しいご飯を堪能したGW。

残念ながら明日から頑張ろうという気はさらさらありませんが、気分転換は出来たと思います。

その分何だかとても疲れましたが…。

 

この旅行の中で、思った事が幾つかありますので、明日からはそれらをまとめようと思います。

 

では皆様、皆様のGWが良きものであった事を願います。

また明日から頑張りましょう。

運転の心構え

昨日しこたま車を運転していて、自分の中での心構えが一つ見えてきました。

 

それは、「勝ちにいかずに負けないようにする」ということ。

 

サッカーでもゲームでも何でも、何か勝負をする際には勝ちにいくか守りにいくかという姿勢が大事になります。

前者であれば積極的にリスクを取って点を取りにいくし、後者であればなるべくリスクを減らして失点を少なくしようとします。

 

私は車の運転も同じだと思っていて、前者であれば積極的に飛ばして車を追い抜いて進むし、後者であれば法廷速度を守って周りのペースで進むという運転スタイルになります。

これは運転者の性格が出ますから、どちらが良いということはありません。

極論、事故を起こさなければどちらでも構わないのです。

 

その2つの運転スタイルを比較した時に、確実に私は後者で、それを意識しています。

その方が自分から起こす事故は減りますし、性格上精神的にも楽だと思うからです。

 

なんて事を思ってみると、どうやら車以外のこと(仕事でもゲーム)でも、私は基本的に勝ちにいかずに負けないようにするスタイルのようです。

色々な所に性格というものは出ますね。

ということで、今日も負けないように安全運転で参りましょう。