緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

文春の豆鉄砲

あまり多くの人に関わりの無いことであるが、昨日の夜、週刊文春LIVEにて声優の茅原実里さんの熱愛が報じられた。報道は事実であるらしく、その直後に茅原実里さんのブログでも本人が事実であることを認めた。

当初、本報道は私の大好きな水樹奈々さんの結婚かと思われており、多くの奈々ファンがその吉報を待ち望んでいた。私自身、お奈々のことであれば良いなぁと思いながら、一方でもしそうであるならば報道の前に公式で発表して欲しいと思いつつ、日々を過ごしていた。しかしながら、蓋を開けてみればお奈々ではなくみのりんであった。

声優といえば、もはやアイドル的存在である。声優になる為には、容姿端麗で歌とダンスが上手くなければならなくなってきた。報道をした文春としては、アイドル声優の熱愛発覚ということで多くのファンが発狂し、殺害予告が出たりなんだりして一騒動起きることを目論んでいたのかもしれない。だが、実際にはファンは発狂なんぞすることなく、「もういい歳だしおめでとう」と祝福をした。文春砲は不発に終わった訳である。私も、一声優ファンとして、ハルヒみなみけなど、様々な作品で活躍し、良い曲も沢山出している彼女に恋人がいるというのは喜ばしいことである。 

これはあくまで私の推測でしかないのであるが、私は文春のこの一騒動、起こしてやろうという姿勢が大嫌いである。人の結婚だとか不倫だとか、誰それが不仲だとかなんだとか、それは本人の自由である。それが仕事に影響を及ぼしたり、事務所を解雇されたりするようなことで、多くの人に本当に迷惑をかける行為でない限り、本来私達にはどうでも良いことなのだ。

昔、ゲスの極み乙女の川谷とベッキーの不倫が報じられた際、ゲスの音楽に対する評価が掌を返したように変わったことについて、誰かが秀逸なコメントを残していた。

「それって、例えば美味しい寿司屋があったとして、今までは美味しい美味しいって言って食べていたのに、対象が不倫していることがバレたら、『不倫している人が握った寿司なんて食べたくない』って言っている様なものだよね。大将が不倫していようが何していようが、寿司の味は変わらないし、寿司に罪はないよね。」

言い得て妙である。私達は、どうやらそういったどうでも良いことに過敏に反応するらしい。どの国でも時代でも、ゴシップネタというものは需要があり、多くの人を引きつけているしかし、そういった本来私達の生活においてどうでも良いものに引っ張られ続けるのは疲れる。自分の人生だけで精一杯で、日々イライラすることや大変なこともあるというのに、直接的に関係の無い人のあれやこれやまで背負わなければならないというのか。

どうでも良いものどうでも良いと割り切り、自分の手を放す。それが出来たならば、些細な事にも目くじら立てることなく、なんなら誰かを祝福することも出来るかもしれない。

とりあえず、みのりんおめでとう。

夏、魅力的なもの

読者諸氏、おはようございます。

昨日ついに関東地方は梅雨明けが発表された。今年の梅雨は少雨で、どうにも梅雨らしくはなく、いつの間にやら梅雨が明けたのかと思っていたが、これでようやく夏本番という様相である。

さて、皆様は夏が好きだろうか。暑いから嫌い、遊べるから好き。あるいは、暑いのは嫌いだが遊べるのは好きなど、その印象は人それぞれであると思う。ちなみに、私は夏大好きだ。それは、夏はエネルギーが満ち溢れた魅力的な季節だからだ。

夏は日差しが強い。太陽光とは、地球に太鼓の昔から降り注ぐ万物のエネルギー源である。それが物理的に多い季節が夏である。降り注ぐエネルギーが多ければ、当然それを受ける対象もエネルギーに満ち溢れ、活動的になる。真っ青な空とそこに浮かぶくっきりとした白い雲の下、草木は青々と茂り、セミ達は五月蝿い程の声で鳴き、子供たちは真っ黒になりながら走り回り、大人達はフェスだなんだと騒ぎ立てる。まるでそうしなければ死んでしまうかのように、日夜エネルギーを消費させる。このエネルギーに満ち満ちた感じが夏の唯一無二の良さである。

さらに言えば、夕方、あるいは晩夏、このエネルギーが徐々に消失していく名残惜しさというのもまた夏の魅力である。沈みゆく夕日に、消えていくセミの声に、消失していくエネルギーの残滓が溶け込み、まだ消えたくないと叫ぶ声が聞こえる気がする。そんな寂しさもまた、夏を引き立てる一つの要素である。

夏とは魅力的なのだ。エネルギーに満ち溢れた生の季節だからこそ持ち得るこの魅力こそ、私が毎年待ち望むものなのだ。

そんな事を、近所の河川敷で空を見上げながら再確認した。日々仕事をしていると、クーラーが効いた寧ろ寒い位のオフィスの中で一日の大半を過ごすため、夏を感じることが少ない。しかし、本来はそれが異常なのだ。夏は暑いもの。だからこそある魅力がある。さんな小さな魅力に気付くことこそ、季節感を忘れず、日々を少しだけ彩る事に繋がると思うのだ。

復帰

いきなりだが、ブログを復帰することにした。

復帰と言ったところで読んでくれている人の数なんてたかが知れていて、私の書いたものがどれだけの影響を及ぼすなんかは知りもしないが、そんなもん知るか。

 

ブログを書くのを止めてから一か月弱。私の中に溜まったモヤモヤしたものを吐き出すためにもう一度書くことをしてみようと思うのだ。

 

今回は、明確に以下を意識して書いていく。

1:アクセス数は気にしない。

どうせブログでお金稼ぎなんてする気ないのだ。数字上の自己承認欲求とそれに伴う自己嫌悪の危険性に晒されるくらいなら、最初から意識なんてしない方が良い。

 

2:良い子ちゃんにならない

今までポジティブに生きようとか毎日頑張ろう的なことを書いてきた。よくよく考えればそんなの私のキャラじゃない。後ろ向きに人生を前に進む。そうやってかろうじて生きている位が私の生き方だと思う。それが良いか悪いかは知らないが、そうだと思う。なので、私が私として思うように好きなことを書く。有益妥当と無益だろうと知ったことか。そんなもん読んだ側で判断してくれ。

 

3:毎日更新することに拘泥しない

前回はひたすら毎日記事を書くことにこだわった。その結果としてなにがしかを得ることは出来たような出来ていないような気がするが、今回はそこにこだわらない。書きたい時に書き、書きたくない時には書かない。

 

4:SNS連携をしない

今まではブログを更新する度にFacebookTwitterに情報を連携していたのだが、それを止める。よくよく考えてみると限定しているとは言えFacebookには会社の人間がいるし、Twitterには友人もいる。この記事を楽しみにしている人もいるかもしれないが、逆に私が自由に書けなくなるということもある。好き勝手自由に書くために、あえてコミュニティを限定する。

 

ブログを書く目的なんぞ知るか。やってみようと思ったからやっているのだ。クソみたいな毎日の中で、ただ一つ自分として何か声をあげられる場所があるとすれば、ここなのだ。でなければ、日々の中で抑圧されて沈殿していく自らの声を救い上げる機会がないではないか。

私は私の為に書く。それ以上でも、それ以下でもない。ただ、それだけの話だ。

 

ありがとうございました

ここ二三週間は忙しさと面倒臭さで精神的に摩耗され続けておりました。

久々に死にたいと思ったりもう仕事辞めたいと思ったりと色々あったのですが、無事に生きていますし仕事も続けております。

 

私みたいにちっぽけな存在がいくら悩んだところで時間というものは平等に過ぎ去って行く訳で、気付いたらさりげなくブログを初めてから一年が経っていました。

 

この一年、毎日ブログを更新することを目指してきました。

個人的感覚では出来ているはずなのですが、どうやらどっかで一日漏れがあった様で、連続記録365超とはなっていません。

が、そこはご愛敬。一年間毎日更新してきました。

 

ブログを開始したきっかけは、休職を通じて自分が今まで溜め込んできていたものを外に出すためでした。

普段私が感じていること、考えていることを外に出すことで、自分の中で溜め込まず、自分を客観的に見る。

途中から思想の世界に傾いたり、最後の方は愚痴だらけになりましたが、概ねその目的は果たせたのではないかと思います。

 

一年間続けてみて思ったことが幾つかあります。

一番は、毎日続けるのはエネルギーがいるということ。

どれだけ疲れていても、面倒臭くても、毎日何かしらのアウトプットをするというのは結構なエネルギーがいりました。

そんな中、頑張る後押しとなったのは、読んでくださっている皆様の「読んでくれているよ」というお知らせでした。

はてなブログのスターだったり、Facebookのいいねだったり、読んでくれている皆様が発信する「読んでいるよ」というお知らせが、エネルギーも使って何を書いて良いか分からない状況でも非常に力になりました。

皆様のお陰で一年間頑張れたと言っても過言ではありません。

 

他にも、自分が面白いと思うことと読む人が面白いと思うことは異なるということや、結局自分の言いたいことって一つなんだとか、書いている内に考え方の方向が固まってきてしまうこととか色々あるのですが、面倒臭いので割愛します。

 

さて、一年間続けてきて、自分の中で一つの区切りが付きました。

私がこのブログを更新しようがしまいが、世界にとってはどうでも良くて、それで何かが変わるわけでもない。

誰かの人生を大きく変えることなんてない。

はてなのサーバーがぶっ壊れれば消える儚い存在でしかない。

それでも、この一年間に私が書き積み上げてきた記事達には意味があります。

そしてその意味は、私にとり何か重要なものであるはずなのです。

だから私は、今一度このブログが自分にとって持つ意味を考えなければならないのです。

 

ということで、もはや日常のルーティーンに組み込まれたこのブログですが、ここで一度小休止を入れようと思います。

具体的には、今日からしばらく記事を書きません。

これから何をどう書くのかを少し考えます。

 

皆様一年間どうもありがとうございました。

【感想】22年目の告白-私が殺人犯です-

今話題の映画を先週日曜日に妻と観てました。

藤原竜也伊藤英明という演技上手い俳優二人と、ダークな雰囲気漂う予告で期待大でした。

観終わった感想としては、期待通りかそれ以上に面白かったです。

 

とりあえず、予告編はこちら。

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編 - YouTube

 

まず、良かった点から。

  • 加害者と遺族の関係、葛藤が丁寧に描かれていて緊迫感がある。
  • 見ているこっちがイライラしたり考えさせられたりするリアリティがある。
  • 主題歌が最高。

 

 

殺人事件の犯人(藤原竜也)が時効後いきなり世の中に出てきて告白本を書くという始まり。

そこから引き起こされる被害者達の苦しみや、当時事件を解決出来なかった刑事(伊藤英明)の葛藤がとても丁寧に描かれて、観ているこちらがイライラしたり、手に汗握ったりしました。

 

やはり藤原竜也伊藤英明は演技が上手いですね。

言葉だけでなく表情とか間とか、そういったものを含めて本当に役が実在するようでした。

 

主題歌は感覚ピエロというバンドの「疑問疑答」です。

感覚ピエロ『疑問疑答』 Official Music Video(映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」主題歌)【全国47都道府県ツアー開催中】 - YouTube

感覚ピエロは一年位前から知っているのですが、まさかここまで大きくなるとは思いませんでした。

今度発売の水樹奈々の新曲にも楽曲提供しているので、 これからますます大きくなるバンドです。

PVも曲もカッコイイのですが、映画を観てからもう一度聴くと「なるほど」と言う位映画とマッチした曲です。

これはナイスな選曲です。

 

 

 

次に、個人的に微妙だなぁと思った点。

  • おおよそのストーリー展開が観ている途中で分かってくること
  • 真犯人が唐突。(伏線はあるけどちょっと弱い)
  • 後半のクライマックスがちょっと長い
  • オチが少し弱くてスッキリしない。

 

観ている途中で大まかなストーリー展開は「多分こいつがこうであいつがああなんだろうな」という感じで見えてきます。

最終的なオチはその予想を裏切りはするのですが、裏切り方が少し唐突。

「いきなりそう言われても…」という感じが否めない。

 

後、クライマックスのシーンが緊迫感溢れる場面の割に長い。

ちょっと中だるみしたような感じがしたので、もう少し短いと良かったかなぁと思います。

 

後は個人の好みなのですが、犯人の動機も微妙でした。

サイコパス的な奴が自分の愉しみの為に人を殺すみたいな展開が好きなのですが、そうでは無かったのでちょっと残念でした。

 

とはいえ、全体としてはかなり楽しめる作品でした。

邦画のサスペンス系は良いですね。

他にも面白そうなものがあれば観ていこうと思います。

言い方の問題

先日のTOAST MASTERSで、General Evaluatorの方が他のEvaluatorの方に言った言葉が記憶に残っている。

 

No one said "You should" or "You must" to evaluate others. Instead, they said "In my opinion it would be much better if you could...". This is a very important point so that there are no reasons that everyone feels as same as the evaluators. In addition, these words do not hurt the speakers, but encourage them.

 

要は、自分の意見を一般化し過ぎないことと相手を否定しない言い方を褒めていたのである。

この言葉は是非全ての人に伝わって欲しい。

 

会社や友達とのやり取りの中で、我々は無意識の内に自分の意見を一般化したり、相手を否定したりしている。

例えば、何かミスをした人に対して「そんなことも出来ないのか、ちゃんとやれ」というのは間違っている。

それでは相手は「そんなこと」も出来ない自分に落ち込み、「ちゃんとやろう」とする。

しかし、そもそも何が悪くて何を変えれば良いのか分からないから上手くいかない。

 

代わりに、「何故そういうふうにしたのか」を聞き、それに対し「こうすればもっと良くなる」と伝えれば相手は自分を卑下することなく改善することが出来る。

大事なのは、「自分の基準で事象を一般化せず、相手を否定するのではなく後押しする」ということだ。

 

言葉で言うのは簡単だが、実践するのは難しい。

特に、周りの人がやっていないことなので、なかなか不自然に映る。

しかし、そういったコミュニケーションは間違いなく相手との良好な関係を築き、ストレスを軽減させる。

 

TOAST MASTERSはスピーチを学ぶための機会としか捉えていなかったが、そういったコミュニケーションの基礎も学べるということに、今回気付かされた。

今後自分も他人のスピーチをEvaluateすることがあるだろうから、言い方には気を付けたい。

また、日常生活の中でもそういったコミュニケーションを取ることを心がけようと思う。 

自分はこのコミュニティに参加して良かったと思えた回であった。

初めてのスッポ抜け

昨日、ようやく無事にスピーチを終えました。 

内容は客観的事実と主観的真実をTOAST MASTERS用にアレンジしたもの。

客観的事実と主観的真実 - 緩くいこうぜ、人生長いんだ。

 

大まかなテーマと構成は決まっていたものの、細かい練習を始めたのは金曜日の22時。

必死に構成と細かい文言を考え、土曜日一日かけてリハーサル。

今までで一番練習出来ていないスピーチとなりました。

 

なんとか内容を覚えて本番に臨んだものの、構成が不安定。

途中で何度も構成を飛ばしたりした挙句、初めての完全スッポ抜け。

次の構成が全く思い浮かばなくなり、完全にフリーズ。

 

多分数十秒くらいだったのでしょうが、完全な沈黙の中で必死に次の構成を思い出そうとする間は、何分ものように感じました。

でも、その間は絶対に「え~」とか「あ~」とか言わないと心に決め、沈黙を貫きました。

 

最終的に、時間ギリギリになったし内容も飛び飛びになってしまいましたが、その沈黙を貫いたところは「カッコイイ」、「気迫を感じた」と肯定的な意見をいただきました。

 

私は内容を書かないで作って覚えるタイプの人間なので、ピンチの時に頼るものが無いのです。

だからこそ、次回からはしっかりと内容を作って、リハーサルをしないと痛い目に遭うなと反省しました。

 

ですが、これもまた良い経験で、これだけピンチに陥ったのは人生で初かもしれません。

 

また次回も頑張ろうと肯定的に受け止めています。