緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

点をつなげること

久々にスティーブ・ジョブズスタンフォード大学での卒業式のスピーチ動画を観た。

会社の同期に勧められてから、定期的に観ている。ちなみに彼は、毎朝観ているようである。

動画は以下。

 


スティーブ ・ジョブズ・スタンフォード大・卒業式スピーチ・2005年                                          Steve Jobs  Stanford 式辞

 

スティーブ・ジョブズと言えば説明不要な有名人。

改めて思うと、随分と早く亡くなってしまった。

もしも今でも生きていたら、世界はどの様になっていただろうかと想像すると面白い。

少なくとも、iPhoneの形はもう少し違ったものになっていたと思う。

 

このスピーチは、彼が2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったものだ。

これまた説明不要なほど有名なスピーチだと思う。

英語でのスピーチだが、非常に分かりやすい構成だし、使われている単語もそこまで難しくない。英語の勉強として最適だ。

 

このスピーチで彼が学生達に伝えていることは以下の三つだ。

  1. 点をつなげること
  2. 愛することと失うこと
  3. 死を思うこと

全て示唆に富んだ非常に良い話だ。

その中でも一番私の心に響いたのは、一番目の「点をつなげること」という話だ。

 

この話は一言で言ってしまうと、「意味は後からしかつけられない」ということだ。

 

ジョブズは、大学に入ったもののすぐに中退をし、後に退学した。

そもそも、大学に入ったのは養子に出される際に大学にいかせることが条件にあったためだそうだ。

休学中に彼は、必修の授業を受ける代わりに興味のあったカリグラフィーの授業に出席した。

そこで学んだ筆記についての知識や見識は、10年後にマッキントッシュにフォント機能を搭載する際に大いに役に立った。

 

以上のような経験から彼は、自分を信じている限りあらゆる点はいずれつながり、線となり、何らかの意味を持つようになるということを述べている。

それぞれの点の渦中にいる間はその意味を理解することは出来ない。

しばらく先に行って後ろを振り返った時に初めてその意味を理解出来るということだ。

 

大学進学することを条件に養子に出された。

大学に入学するもすぐに中退した。

カリグラフィーの授業をとり、その魅力に惹かれた。

それぞれの時点では、そのれが何につながるかなんて分からなかった。

しかし、彼は自分がやりたいことを信じてやり続けた。

そしてマッキントッシュを作る際に、それまでバラバラだった点がつながり、意味を持った。

 

彼自身、それぞれの時点では今自分がやっていることに何の意味があるかなんてわからなかったはずだ。

でも、そんなことは考えずにただ自分がやりたい、惹かれると思ったことをやっていった結果、ある時点で過去の行動に意味を付けることが出来るようになった。

だから、今自分の目の前にある事象に対する意味なんて、考えるだけ無駄なのだ。

それは未来になってしか分からないし、いつ分かるのかすら分からない。

そんな無駄な事を考えず、ただ今自分の信じるものが命じるままに前に進むことこそが、最も重要であるということだ。

 

私は心配性なので、日々の中で、「このままで良いのだろうか…」とか、「この先どうなるのだろうか…」と不安になる事が多い。

しかし、そんなこと今考えても仕方がないことなので、もっと気楽に、少なくとも自分の信条や感じていることに反しないように適当に生きてくのが大事だなと改めて思った。

 

こういう良い動画は、自分の中で大事にしていきたい。

気になった方は是非観てもらいたい。

また、他におすすめの動画があれば、是非教えていただきたい。