緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

釣り

最近、友人に誘われて渓流に釣りに行くことがある。

友人が手作りしたフライで魚を釣るのだが、なかなか釣れない。
ていうか、まずキャスティングが難しい。
しかし、自然の中にいるだけで十分リフレッシュ出来る。

黙って魚や自然と向き合っていると、ふとこう思う。


「こいつらは何で生きているのだろう?」


魚は、稚魚から成長して一生懸命生きている。
植物も、倒木から芽を出したりして一生懸命生きている。
でも、人間や天敵の動物が現れれば植物は踏まれるし、魚は食べられてしまう。
それはつまり、死んでしまうということだ。
では、彼らがそこまで頑張る理由・目的は何なのだろう。


多分、彼らに理由や目的なんてないのだと思う。
強いて言うならば、生きるということ自体が目的なのだと思う。

生まれて、生きて、死んでいく。
そこに意味とか目的とか理由なんてものはなくて、ただそれをするためだけに存在する。

彼らにとって、生きることはそれくらいシンプルなのかもしれない。

もしかしたら、本来生きることはその程度のものなのかもしれない。
人間は、そこに意味とか余計なものを見出そうとするから苦しくなってしまうのだと思う。

だから、生きる意味とか目的とか、考え過ぎるのはあまり意味がないと思う。
とりあえず今生きているだけで十分だ。

たとえ魚は釣れなくても、そんなことを思わせてくれる釣りと、それに連れていってくれる友人がいてくれて良かったと思う。