緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

名言

「天才とは99%の努力と1%のひらめきである。」
とは有名なエジソンの名言だ。


世間には、沢山の名言や慣用句がある。
それらは、多くの意味を一言で伝えることが出来る。
その利便性から座右の銘にしたり人生の支えにしたいるする人が多いが、使用する際には注意点も存在する。


それは、言葉の真の意味を理解せずに使用してしまうことだ。


例えば、上述したエジソンの名言は、一般的に「努力は才能に勝る」という意味に捉えられる。
だが一方で、「努力をしても才能がなければ無駄」という意味に捉える人もいる。
では、エジソンはどちらの意味でこの言葉を言ったのだろうか。
それは、本人にしか分からない。

言葉は、ある人がそれまでに経験した出来事、それに伴う感情、考えの発露だ。
とすれば、そのような前提なしにい言葉だけを取り上げても、その意味を正確に理解することなんて出来るはずがない。
つまり、言葉の真の意味は、誰にも理解出来ないのだ。


では、どうすればいいか。

言葉に自分で意味を付けてしまう、あるいは、自分で作ってしまえばいいのだ。

言葉は入れ物でしかない。
そこにどの様な意味を付けるのかは人それぞれだ。
人それぞれが言葉に対し、自分の経験から意味を見出し、肉付けしていく。
そうすれば、その言葉は他の誰かの言葉ではなく自分の言葉になる。
その瞬間、その言葉は何よりも強力な自分の支えとなる。


日々の生活は何かと障害が多い。
だから、何か自分を支えるものが必要だ。
そんな時、借り物の言葉ではなく、自分自身から生まれた言葉を持っていれば、どんなことでも乗り越えられるのではないかと思う。