読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

【感想】STARTING NOW! / 水樹奈々

音楽

7/13に発売された水樹奈々の新曲「STARTING NOW!」の感想。

収録されている三曲とも大の好み。

表題曲の「STARTING NOW!」はテレビアニメ「この美術部には問題がある」と主題歌。
アニメの内容にマッチするとても爽やかな曲だ。
ここ最近シングルは壮大な曲や激しい曲が多かったので本作程シンプルなロックサウンドは逆に新鮮で良い。
ライブで盛り上がること間違いなしのコール&レスポンスと四つ打ちのサビは今にも踊り出したくなる。


水樹奈々『STARTING NOW!』MUSIC CLIP(Short Ver.)


二曲目の「アンティフォーナ」はザ・水樹奈々という感じのストリングス満載の曲。
ただ、激しさや強さよりも落ち着きや儚さに針が振れているので、そこが今のお奈々の表現や声にマッチしている。

三曲目の「恋想花火」は夏のバラード。
ファンの心をガッチリ掴んだ「レイジーシンドローム」の作詞作曲をした phatmans after schoolのヨシダタクミさ んによる二曲目。
「星空と月と花火の下」にも似た曲だが、ポップス寄りであり、和風なサウンドが印象的。


これまでの水樹奈々のシングルとは少し気色が違うがこれはこれで新しい。
水樹奈々の爽やかで元気な面と大人で落ち着いている面の両方を楽しめる一枚。

STARTING NOW!

STARTING NOW!