緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

テロについて

色々と反論が来そうなことを覚悟して書く。

最近イスラム国によるテロが頻発している。
中東・欧州から広がり、最近はアジア圏にまで進出してきている。
そろそろ日本で起きてもおかしくないのではないかと思う。


テロ問題の本質は、価値観の押し付け合いだと思う。

テロが起きると、西洋諸国や先進国のトップ達が必ず「国際社会に対する冒涜だ」とか「断固として対抗する」と声明を出す。
この声明の背景にあるのは「自分達が善、テロリスト達が悪」とする価値観だ。

一方のテロリスト達も同様に、「自分達が善、西洋諸国・先進国達が悪」という価値観を持っている。

このように、二つの異なる価値観を持つ存在が、自らの価値観を押し付けあうことがテロ問題の本質だと思う。


価値観の押し付け合いは、どちらかが相手の価値観に染まるまで続く。
自らの価値観を押し付けることに成功した勝者と、
自らの価値観を捨てざるを得なかった敗者が決定するまで争いが続くのだ。

だが、人間の価値観はそう簡単には変わらないし、
自分が持つ価値観を否定されると人はますます反発するようになる。
また、それらと戦っている間に、そのような争いを見て新しい価値観を持つ存在がどんどん生まれてくる。
だから、価値観の押し付け合いは永遠に終わらない。


では、何をするべきか。

私は、対話が重要であると思う。
自分達の判断抜きで相手の主張を聞き、それを理解をしようとする。
そうして互いの主張が理解できた時点で、双方が納得できる妥協点を探すことが、
テロ問題解決に必要不可欠なのではないかと思う。


私は決してテロを容認している訳ではない。
しかし、私達はなぜ彼らがそのような行動を取るのか、その理由を知らない。
ただの理想であることは百も承知だが、彼らの気持ちを知らないにも関わらず彼らを潰そうとすることは、
彼らのやっていることと何の違いがあるのだろうかと思わずにはいられないのだ。