読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

目標達成

人はよく目標を立てるが、大体の目標は達成されないまま罪悪感と共に記憶の底に沈んでいく。


それは決してその人の意思が弱いからではない。
目標が高すぎるだけだ。


例えば、普段運動をしない人がダイエットの為にジムに行くことを目標にする。
大体の場合、「せっかくお金を払うのだから毎日2時間行こう」とか思うはずだ。

最初はエネルギーがあるから順調に通うだろうが、疲れたり、何か用事があって行けなくなったりすると、途端に通うのが億劫になってしまう。
そして、「時間がないから」という言い訳と共に目標は葬り去られる。


ジムに行ったことが無い人にとって、まずジムに行くこと自体がエネルギーを消耗することだ。
さらにそこで2時間も運動をするとなると、その消耗はさらに増加する。

結果、徐々にエネルギーが枯渇し、習慣化する前に足が向かなくなってしまう。


目標は、なるべく小さなことから始めると良い。

前述の例であれば、「毎日腕立てを10回やる」位で良い。
そこで自分のペース、体力の限界を掴む。
しばらくするとある程度余裕が生まれるので、今度は腹筋を追加する。
そんな風に徐々にレベルアップをさせるのが目標達成に向けて行動を長続きさせるコツだ。


もっと言うと、目標なんて一回立てたら捨ててしまって良いと思う。
一つの目標に固執する必要は無いし、目標達成に向けて躍起になるよりも今やっていることを楽しむことの方がよっぽど良い場合だってある。

緩く目標を立てて、そこに向かって自分が無理無く楽しんで進んでいけるように工夫することが大事だ。