読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

都合良く捉えたもん勝ち

誰から何を言われても、自分に都合が良いように捉えたもん勝ちだと思う。

 

 

先日、仕事で作成をお願いされていた資料を提出したら、20個位指摘が来た。

 

結構苦労して作った資料だったので最初は「マジかよ…。」と思った。

 

今までの自分だったら、「これだけ頑張ったのになんなの?ていうかメールで寄越すなよ。」とか相手に対して憤りを覚えたり、「こんな資料もろくに作れない自分無能だ。死のう。」とか自分を責めていたはずだ。

 

今回は、考え方を変えてみた。

「結構自信無かったけど、これだけ直せば良いんだ。」

「よく読んでみると指摘というか改善点じゃね?」

「ていうか完璧なんて不可能だからまぁ良いや。やることやった。」

 

よくもここまでポジティブになったもんだ。

 

お陰ですぐに修正に動いて仕事を終わらせることが出来た。

 

 

周りから見ればポジティブなんだろうけど、その時の私の意識は、「とにかく自分に都合が良いように捉える」事だった。

 

自分が何でも深刻に捉えて落ち込みやすいことは分かっている。

だからこそ、そうならないように自分にとって都合が良いように捉える。

そうすれば落ち込むことはないし、元気が出る。 

いわゆるポジティブってそういう考え方の事を言うのかもしれないと思った。

 

結局の所、自分が一番気持ち良く過ごすことが一番。

自分がやったことに対して色々言ってくる人は必ずいる。

それらに対して一々真剣に相手にしていたら疲れてしまう。

だから、それらを自分に都合が良いように捉えてしまえば、上手く受け流す事が出来るはずだ。

何でも自分に都合が良いように捉えたもん勝ちだ。