緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

人は救えない

知り合いに、私が行っているカウンセリングオフィスを紹介した。


知り合いは、本人の問題ではなく、周囲の影響で少し疲れているらしい。

私が行っているカウンセリングオフィスは、そういった人に対した助言やケアも行っているので、役に立つかと思ったのだ。


正直に言うと、私自身が知り合いの役に立ちたいと思う私がいる。
知り合いの話を聞いて、良いアドバイスをして、悩みをきれいさっぱり解消したいと思う私がいる。


でも多分、それは私のエゴだ。

私はきっと、「知り合いを助けたい」のではなく、「知り合いを助けた私になりたい」のだ。

感謝されたい?
恩を売りたい?
良く分からないけど、知り合いにとっての「何者」になりたいのかもしれない。

だけれども、そんなことは出来ない。
そんな大それた事をする力も、知識もない。
カウンセリングオフィスを紹介することが精々だ。

知り合いがカウンセリングオフィスに行くかどうかは本人が決めること。
そこで何を話してどうなるかも本人次第。
全ては知り合い自身の問題なのだ。


「君が勝手に一人で助かるだけだよ、お嬢ちゃん」

やっぱり人は、救えない。