緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

バック駐車と好循環

先月から車を運転する練習をしている。

 

5年くらい前に免許を取ってから全く運転をしないペーパードライバーだったが、最近車の利便性を感じる事が多かったので、思い切って練習する事にした。

 

マイカーではなくタイムズのカーシェアを使っている。

 

最初の何回かは車を発進するだけでもドキドキだったが、この頃はそれほど怖がらずに乗れている。

 

 

良い感じでちょっとずつ慣れて来てはいるが、どうしてもバック駐車が出来ない。

 

走れるけど停まれない。

おかげで練習でちょっと遠出をしてもトイレに行けない。

お腹の弱い私にとってこれは由々しき事態だ。

 

という事で、最近はもっぱらバック駐車の練習をしている。

 

近くの広い駐車場で、ぶつかる心配のない枠に向かってぎこちなくバックをしている。

端から見たらかなり怪しい車だと思う。

 

 

練習をしていて思った事が二つある。

 

一つ目は、完璧である必要はないという事。

最初に車を教わった友人はかなり運転が上手いので、一発で駐車出来る。

それを見ていたからか、l自分も一発で駐車出来ないといけないように思っていた。

しかし、よくよく考えたら彼と私で運転スキルが全然違うので、私が一発で停める必要なんて何もない。

むしろ、一発を狙って事故を起こすくらいなら、ゆっくりでも切り返して安全な方が良い。

そんな余裕を持てるようになった。

 

二つ目は、何かが出来るようになるための過程は楽しいという事。

正直、私はまだまだ駐車が下手だ。

だが、徐々に上手くなっているし、感覚も掴めてきている。

確実に上手くなっている感覚は達成感があって楽しい。

だからもっと上手くなろうと練習をして、上手くなるという好循環が生まれている。

 

良い感じで進んでいるが、バック駐車が出来るようになっても、今度は高速や給油が不安だ。

一人で遠出出来るように なるのは一体いつになることやら。