緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

本の読み方

最近、自分の思考の変化と共に本の読み方が変わった。


以前は、本を読むこと自体が目的だった。
本に書いてあることは全部大切だと思って、大事なところは赤線を引いていた。
一言一句読んで、何なら全部記憶していないといけない位に思っていた。
買った本はどんなにつまらなくても最後まで読むべきだと思っていた。

だから、正直本を読むのは疲れた。


しかし今は、全く逆の読み方をしている。

読むというより自分にとって大切な部分を探すという感覚だ。

本に書いてあることの大半は無駄な事で、大事な部分は本当に一握りしかない。
それにしても人によって違うから、自分にとって大切かどうかは分からない。

だから、しばらく読んでつまらなかったり気分が乗らなかったら読むのを止める。
読み進めるにしても、章の名前や書いてある内容を眺めて、それが面白そうだったりまとめだったりしたら読む。
それ以外は流す。
その中でも特に気に入った部分だけピックアップして記録する。

これのおかげで一冊当たりにかかる時間はものすごく減ったし、気楽になった。


この読み方が良いかどうかは好みやジャンルによるので分からないが、
どうせ本なんて腐るほどあるんだから、それくらい適当でもいいじゃないかと思う。