緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

BLEACH

22日発売の週刊少年ジャンプで「BLEACH」が最終回を迎えた。

15年間続いた作品の最後は打ち切りだった。

 

昔、アニメを観てからそのオサレな世界観にドはまりし、単行本を買い揃え、傘持って「卍解!!」とかやっていた人間からすると、とても寂しい。

 

 

BLEACH」はよく、「極限まで薄めたカルピス」とか「ターン制展開」とか言われて馬鹿にされていた。

 

確かに、私もそういう部分が嫌になって単行本を買うのを止めたのだが、尸魂界編までは本当に面白かった。

ルキアを助けるシーンとか白哉戦で一護が初めて卍解するシーンとか、どこを取っても魅力的で、大好きだった。

中二心に突き刺さった。

 

いつしか単行本を買わなくなり、たまにジャンプを読めば気が付けば全然知らない展開になっていて、それでも相変わらずなストーリー展開を見せるBLEACHが好きだった。

 

 

最終話は一護とルキアの子供達が出会って終わる。

個人的にはそこは彼らの物語として終わらせて欲しかった。

でも、明らかに続編があるような感じなので、是非ジャンプNEXTとかで連載してほしい。

 

 

少年時代に好きだった漫画が終わるのはさみしいけれども、それだけ心に残る作品を生み出した久保帯人先生に感謝。

15年間お疲れ様でした。

 

 

というか、このパソコン「そうるそさえてぃ」と打てば「尸魂界」に。「ばんかい」と打てば「卍解」に変換される!

これもオサレの成せる技か…。