読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

弱い自分に感謝

先日、TOAST MASTERSでスピーチを行った。

題名は、「自分を虐めないで」。

自分を責めることの無意味さを話した。


内容は、私が休職に至った話そのもの。

私は何かミスをするたびに自分を責め、ネガティブな言葉を言い続けた。
結果、自分で自分のことを支えられなくなり、精神的に参ってしまった。

休職を通じて、自分を虐めることの無意味さと有害さを知った。

自分を責めることは何も生み出さない。
大切なのは自分を許し、信じてあげることだ。

そのようなことを話した。


正直、この題材を選ぶのは勇気が必要だった。
なんて言ったって自分の弱い部分をさらけ出す訳だから、なかなか怖い。
だが、他に良い題材がなかったし、なんとなく話したい気分だったので思い切って選んだ。


結果は、大好評だった。

話している間から、メンバーがこちらを強く見て、頷いているのを感じられた。

話し終わってから、沢山のコメントをもらった。

「自分もそうだから泣きそうだった。ありがとう。」
「自分の旦那もうつ病だったから共感出来る。」
「誰しも隠している弱い部分をよく言った。」
などなど。

こんな自分の話でも誰かに伝わるし、役に立つのだと思って嬉しかった。
何よりも、こんな自分を受け入れてくれるクラブの存在に感謝をした。


もちろん、良いコメントだけでなく、「結局自分がどうやって克服したかを言っていないから微妙。」というアドバイスももらった。
抽象的な話に持っていきがちな自分の癖を再認識した。


このスピーチは、自分にとってとても大きなものだったと思う。
自分の弱さを出す勇気を持つきっかけになったし、クラブに対しての心持も変化した。

誰しも弱い自分は隠したくなるし、受け入れたくないもの。
だけれども、勇気を持ってさらけ出せば、きっと新しい何かが始まるはず。
小さなことだけれども、素敵な出来事をくれた弱い自分に感謝をしたい。