読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

東京都築地新市場移転問題

最近なにかとホットな話題。

 

建物の下に盛土をする予定だったのが、実はしていなかったという事実が発覚。

小池都知事の初仕事は大勝利という感じ。

 

 

日曜日に観たTV番組曰く、施工計画はまず専門家会議を開いて環境影響を調査後、技術者会議にて実際の施工方法を決める、というプロセスを取ったらしい。

 で、技術者会議にて決まった方針は専門家会議で決まった内容と異なっていたにも関わらず、設計の妥当性を再確認をせずに施工を進めたため、盛土が実施されなかったと。

 

これだけでも十分に組織が機能していない事が分かるのだが、視点を変えてみるとよりヤバさが分かる。

 

システム構築に当てはめてみると、要件定義、基礎検討、基本設計にて決まった仕様が詳細設計で大幅に変わったにも関わらず、影響調査をせずにコーディングに進んだようなもの。

システムは出来たものの、いざ移行する段になって見てみたら、全然違うものが出来ている。

さあどうしよう。

 

仮にもシステムエンジニアからするとこれはマジでありえない。

発覚した時の現場の凍りつき方や、お客さんからの賠償なんかを考えると恐怖しかない。

ていうかこれ、もはや詐欺じゃん! 

東京都にとっての顧客は都民、築地市場の卸売り業者達達だから、前代未聞の壮大な詐欺じゃん!

 

 

東京オリンピックに向けて、この問題がこれからどのような動きを見せるのか、要注目。