緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE PARK 事前物販 at 千葉QVCマリンスタジアム 後編

水樹奈々NANA MIZUKI LIVE PARK」の事前物販後編。

前編はこちら。

mochiarion.hatenablog.com

 

13:00

進まない列と、呼び出される整理券番号を前に、選択を迫られる私。

  1. 購入出来ないことを覚悟してこのまま列に並び続ける。
  2. 列に戻れないかもしれないことを覚悟して整理券の呼び出しに合流する。

 さて、どうするべきか…。

 

やらずに後悔するよりやって後悔した方が良い!

と無駄にかっこいいことを思い、私は二つ目の選択肢を選んだ。

 

正直、整理券をもらって、一度観覧を抜けて、呼ばれるときだけ戻れるなんて都合のいいことは出来ないだろうと思っていた。

ビクビクしながら観覧席への入り口に向かうと、何も言われずに無事に再入場に成功!

どうやら、整理券の呼び出しは奈々さんが関わる撮影が終了した時点で開始されるが、チェリーボーイズの撮影自体はまだ続いているので、自由にスタジアムに入ることが出来るらしい。

何食わぬ顔でスタジアムに入り、そのまま自分の番号が呼ばれるのを待つ。

 

13:30

ようやく自分の番号が呼ばれ、物販列に加わる。

先ほどと比べて大分前に入ることが出来たが、相変わらず列は進まず…。

 

待っている間に、いくつかの商品が売切れ始めた。

せめてTシャツとペンライトだけは…!!!と祈りながらひたすら待つこと2時間。

 

15:30

ようやく物販会場に到着し、目当てのものを購入。

疲れ果てていたので、その先でやっていた衣装展には目もくれず、そのまま駐車場へ。

 

16:00

少々の休憩の後、車で帰路に着く。

 

19:00

無事に自宅に到着。

 

 

無事に最低限ほしかったものは購入することは出来た。

が、今回の物販は歴代最低レベルと言っても過言ではない。

一番の原因は、事前物販にも関わらず売り切れが続出したことだ。

 

今回の物販では、公式が自ら「当日の物販のみでは捌けない可能性がある」ということを発表していた。

極論、事前物販に来た人にはそこで用を済ませ、当日並んで欲しくないのだ。

にも関わらず、Tシャツやリストバンドなど、いくつかの定番商品に加え、甲子園球場ということで確実にライブで使用するジェット風船までもが売り切れとなった。

これでは、目当てのグッズを買えなかった人が当日も並ぶ可能性が高い。

当初の目的を達成出来ない。

 

わざわざ事前物販を実施するのであれば、十分過ぎるほどの在庫を用意し、絶対に売り切れを起こさせないようにする必要があった。

想定よりも人が来たのか、一人が転売のために大量買いをしたのかは定かではないが、運営の見積もりが甘かったと言わざるを得ない。 

 

 

はっきり言って、毎回毎回グッズを買うのに何時間も並んだり始発で到着しなければならない状況は異常だ。

ファンがそこまで身体を張れる理由は、ひとえに皆奈々さんが好きだからに他ならない。

逆に言うと、このような状況ではライト層のファンはライブに来なくなってしまう。

せっかくライブの中身、水樹奈々というアーティストは素晴らしいのに、物販でそれを台無しにしてしまっている。

そろそろ運営に申し出でもしてみようか…。

 

なんにせよ、グッズも買ったことだし、来週のライブに向けて気分を高めていこう!

 

最後に、当日撮った写真をいくつか。

f:id:Mochiarion:20160914074129j:image

f:id:Mochiarion:20160914074137j:image

f:id:Mochiarion:20160914074142j:image

f:id:Mochiarion:20160914074206j:image