緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

OJTと私

今の職場に、一年目の時OJTだった先輩が異動してきた。

OJTは三つ上の女性で、超仕事が出来る。

思い返せば、一緒にいた頃は、その人とまともに話す事が出来なかった。

 

女性と話す事が苦手というのもあるけれども、とにかく自分に自信がなかった。

仕事が出来るその人と、一年目で当然仕事が出来ない自分を比べて、自分はダメだと思い続けた。

結果、自分が発言する事や、やっている事に自信がなくなり、ついには存在まで自信がなくなり、まともに話す事が出来なくなった。

なんというか、接するのが怖いというレベル。

加えて仕事に対する疑問とか、就活のいざこざがあったりで、全然仕事が出来なかった。

きっと、当時の私は相当問題児で、頭を抱えた事だろうと思う。

 

そんな私が、休職を経てその人と接した時、驚いた事に普通に喋る事が出来た。

別のチームなので直接仕事で接する事がないというのもあるだろうが、少なくとも、今までのような恐怖感は無かった。

 

その事実に驚くと同時に、とても嬉しかった。

今の状態で当時に戻れたならば、きっともう少し、何かが違っていたはずだ。

だけれども、そんな事を言ってもどうにもならないので、思いだけ胸に秘めて今日も働く。

 

 

怖がる必要はない。

私は私なのだから。