緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

可哀想

ところで、可哀想な人が何をするか、大きくは二つに別れる。

①自分を大きく見せようとする
②自分を小さく見せようとする

①の具体的な行動は例えば、
虚言を吐く、
他人の権威を振りかざす、
尊大な態度を取る、
とか。

全ては他人の中の自分の存在を大きくするため。
自分は凄いんだ、特別なんだと他人に思わせたいが為の行動。


②の具体的な行動は例えば、
自傷行為
自分は無価値だと思う(言う)、
すぐに弱音を吐く
とか。

今度は、他人に対して自分は可哀想な存在だと主張して構ってもらうための行動。
後、自分が傷付かないようにするためでもある。

無価値なら何も出来ない。
何も出来ないから何もしない。
何もしなければ何も起こらない。
何も起こらなければ他人の中の自分の印象が悪くなることもない。
自分が傷付かない。


とまぁ、こんな感じで可哀想な人はあの手この手で他人の注意を引こうとするのさ。
自分は特別。だから誰か私を見て!
そんな事を叫びながら、ただ自分で自分を演じ続けているのさ。
そもそもの自分なんてものは無いのにさ。