緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

大学生に戻ったら

ふと、大学生の時に戻れたら何をするだろう、なんてことを思いました。
もちろん、今の知識や経験を持った状態で。


思えば、私の大学生時代はなんとも味気無いものでした。

大学一年で入ったサークルは、そのノリに付いていけずほとんど出席しない。(三年生位から参加するようになりましたけど)

サークルやゼミなど、限定されたコミュニティ外の友人を作らない。(そのコミュニティの中ですらきちんと付き合おうとしなかったけど)

授業が無いときはひたすらバイトをする。(そこで奥さんに出会えたから良いんですけど)


もし今の状態で大学生に戻れたら、とりあえず一人で色々な所に行きますかね。
後は、留学に行きたいかも。

きっと、今の自分も昔の自分も、やっぱり大学生のノリは苦手だし、人付き合いは上手くない。
だから、戻っていきなり大学生活を謳歌するなんてのは無理だと思うんです。
それよりは、一人でいるのが好きなので、色んな所、例えば、東北とか四国とか海外とかに行ってみたいです。
味気無い生活の中では見えなかったものが、見えるような気がします。


こんなことを書いていると、まるで今までの大学生活に不満があるように聞こえますが、そんなことはありません。

味気無い大学生活だったけど、だからこそ奥さんに出会えた訳だし、大切な友人が出来た。
今の自分があるのは過去の自分がいるからです。
なので、後悔なんてありません。

ただ少し、体調が悪いと、センチメンタルな気分になるだけです。