緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

ロジックツリー

先週の研修でロジックツリーの使い方を学びました。

ロジックツリー自体は別に目新しいものでは無く、プログラムの条件分岐を考える際にも使用しますし、大学時代から使っていました。

なので、基本的な作り方は理解していました。

 

一方で、ロジックツリーは綺麗に作ることが出来さえすれば問題を解決出来る魔法のように思っていました。

なので、いかに綺麗なツリーを作るかを重視していました。

 

しかし、今回の研修でその考えがひっくり返りました。 

きっかけは、「ロジックツリーは目的では無く手段だ」という講師の方の発言でした。

ロジックツリーが出来るのは問題の整理と詳細化だけで、どうやって解決するかは教えてくれない。

常にゴールは問題を解決することにある。

答は、自分で考え、創るしかない。

 

よくよく考えれば当たり前のことですが、そんな基本的なことを、私は理解していませんでした。

それを実感した時、今まで自分は何を勘違いしていたのだろうかと恥ずかしくなり、今一度きちんとロジックツリーの使い方を学ぼうとより一層研修に集中することが出来ました。

 

 

研修で学んだことがそっくりそのまま実務で活かせるとは思いません。

しかし、考え方や動き方のヒントは、ふんだんに盛り込まれていました。

後は自分がそれをどう実務に活かすか。

一言で研修と言っても、なかなか深いですね。