緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

悪口

悪口は言わないようにしたいです。 

きっと自分も言われているでしょうから。

 

ですが、完全に悪口を言わないのは難しいです。

相手に何か言われてムカつけば、それを吐き出したくなるのが人情です。

それを溜め込むことは精神的によろしくありません。

しかし、吐き出すとなるとどうしても悪口になりがちです。

 

一個の解決策は、相手に対する評価や断定ではなく、自分の感情を中心に話すことです。

例えば、何かムカつくことを言われた時に、「あの人ムカつきますよねー」ではなく、「あの人にこんなことを言われて私はムカついたんですよー」と言う。

そうすれば、相手に対して事実しか述べておらず、自分がムカついたことだけを話していることになる。

 

本当に悪口を言わないようにする為には、この後「何故ムカついたのか」と自分を中心として話をする必要があるのだけど、きっと普通「それはあの人がダメだねー」なんて始まるから、結局悪口になる。

 

悪口を言わない。

言葉にすれば簡単だけれども、実践するのは難しい。