読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

一分

先日電車に乗っていたら、「○○の為次の駅への到着が一分遅れます。」というアナウンスが流れました。

 

私はこういうアナウンスが一番嫌いです。

 

一分って、もはや誤差でしょう。

たったそれだけの遅延で、困る人がどれだけいるのでしょうか?

乗客にお知らせする為だとしても、それを気にする人が一体どれ位いるのでしょうか?

 

「それだけ時間にストイックなのか日本人の良いところ」と言いますが、ストイック過ぎて逆に気持ち悪いです。

時間通りに来なくていい、とは言いませんが、少なくとも五分くらいの誤差ならば、特別アナウンスする必要は無いと思うのです。

 

もっと社会全体が緩くなっていくことを願います。

そうすれば、もう少し行きやすい世の中になるのではないでしょうか?