読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

口癖

最近意識していることに、口癖を止めることがあります。

 

私の口癖は、

「なんか〜」

「〜な感じ」

「〜みたいな」

というように、話していることを曖昧にするものが多いです。

きっと、話している内容に自信が無くて、なるべく自分の責任にしたくないのでしょう。

 

責任逃れな発言なので、発言している側としては楽です。

が、話を聞いている人からすればたまったもんじゃなくて、「結局何が言いたいの?」ということになります。

 

相手に自分の言いたいことが伝わらない、理解してもらえない。

日常的な会話ならば問題ないでしょうが、仕事となると結構大きな障害です。

 

さらに、自分としても実は楽ばかりではなく、結局伝えたいことが伝わらないことによるストレスが溜まるので、あまり良いこと無いのです。

 

 

ということで、なるべく口癖を言わないようにしています。

無意識に発言していることを止めることはなかなかエネルギーがいるのですが、多少は効果を出していると思います。

 今日も、上司に説明する時に初めて「意味が分からない」と言われませんでした。

 

大きなことをしようと思ったら、小さなことから始めよう。

それはきっと疑うことの出来ないことなのでしょう。