緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

【感想】NEOGENE CREATION / 水樹奈々

12/21に発売された水樹奈々のニューアルバムです。

発売日当日に買い、毎日聴いています。

 

 

タイトルの「NEOGENE CREATION」には、特別な意味が込められているそうです。

 

「NEOGENE」という単語は、地質学用語で「新第三記の」という意味らしいです。

次に、その「NEOGENE」を分解すると、「NEO」と「GENE」になります。

これで、「新しい遺伝子」となります。

二つを合わせると、「新しい遺伝子で、水樹奈々の第三記を作っていく」という意味になります。

これが、今作のテーマです。

 

 

デビュー15周年を迎え、7年刻みで新しいフェーズになるそうなので、今がまさに第三期。

タイトルに込められた意味通り、今回は今まで関わったことのないクリエイターの方々を迎え、収録曲15曲の内新曲が14曲という構成になっています。

かなり前から制作していたとあって、今までと全く違う水樹奈々を聴くことが出来ます。

 

ということで、以下それぞれの曲の感想を簡単に述べていきます。

その前に、まず聴いてみたい、という方はこちらで試し聴きしてみてください。

 

youtu.be

 

1. めぐり逢うすべてに

初のミディアムバラードのオープニング曲。

美しいピアノのメロディに載せて、「過去から現在への繋がり」をテーマにした歌詞が歌われます。

ゆっくりした曲が好きになってきた最近の私には響きます。

 

2. STAND UP!

 9月の甲子園球場で初披露された曲。

カントリーな曲調感じがどこかバンプに似ています。

歌詞も明るくて、好きな曲です。

 

3. Please Download

これまでの水樹奈々ダンス曲とは少し違う印象です。

メロディがlivetuneっぽいですが、違います。

 

4. ALONE ARROWS

「ザ・水樹奈々」という感じのストリングス満載でずか、バンドサウンドも上手くマッチした大人な曲。

 

5. TWIST &TIGER

ジャジー且つハイスピードな曲。

「fun★fun people」のレベルアップ版という感じ。

聴いていて楽しいです。

 

6. Rock Ride Riot

歌詞が面白く、「YeahYeahYeah」という掛け声がライブで盛り上がりそうです。

 

7. はつ恋

タイトルに反してなかなかのスピードの曲。

和風なメロディと歌詞が美しい。

 

8. JEWEL

ここにきてようやくのバラード。

優しく語りかけるような歌い方とメロディに癒やされます。

 

9. UNLIMITED BEAT

戦姫絶唱シンフォギア」ゲームの主題歌。

シンフォギアシリーズにお馴染みの激熱な曲。

ただ、今回はサイバーな感じではなくメタルチックなのか新しい。

相変わらずのElements Garden

 

10. WAKE UP THE SOULS

カッコイイし、好きなのだが、なんと形容して良いかちょっと悩ましい曲。

相川七瀬の「夢見る少女じゃいられない」に似てる感じ?

 

11. STARTING NOW!

唯一のシングル曲。

聴いていると元気になります。

甲子園の掛け声楽しかった。

 

12. GLORIA

東方っぽい曲調。

でも、歌が入ると水樹奈々になるのは流石。

 

13. RODEO COWGIRL

唯一の可愛い枠。

最近このタイプの曲が増えすぎてタイトルとメロディが紐付かなくて困る。

 

14. 君よ叫べ

水樹奈々作詞作曲の曲。

メロディは「NEXT ARCADIA」と「アパッショナート」を繋ぎ合わせた感じ。

目新しさはないけど、「NEXT ARCADIA」ほと早くなく、「アパッショナート」ほどメタルで無く、良いところに落ち着いた曲という印象。

 

15. 絶対的幸福論

全てをこの曲が持っていくと言っても過言ではないです。

初めて、曲を聴いて涙が出てきました。

もう少しアルバムが早く世に出ていたら、自分の結婚式で絶対に流していました。

 

ということで、初めてのクリエイターを起用しているため、今までの水樹奈々と異なる曲が多いです。

一方で、そのせいで「○○に似ている」という曲も増えてきています。

今まで水樹奈々が独特な曲ばかり歌っていた、というのもあるのかもしれませんが。

 

アルバム全体の「新しいものへの挑戦」というコンセプトを考えると、これ以上なく新しい水樹奈々を表現していると思います。

 

1月からの冬のツアーでどの曲がどんな風に成長していくのかとても楽しみです。