緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

なんとなしに思ったこと

誰かにとっての最高が、私にとっての最高であるとは限りません。

誰かにとっての最悪が、私にとっての最悪であるとは限りません。

 

 

何かの、自分にとっての価値を決めるのは自分です。

 

でも、自分で価値を決めるには大変な勇気がいるから、誰かにとっての価値を間借りしようとします。

そうして、気付かぬ内に自分にとっての価値が消えていくのです。

 

 

自分にとっての価値が無い状態は、つまり他人の人生を生きているということです。

どこの誰かも分からない他人の人生を生きているのです。

 

自分の人生位、自分で生きたい。

だったらまず、自分にとっての価値を取り戻すことから始めないといけないのです。