緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

【感想】NieR Automata

PS4で発売中のゲーム「NieR Automata」をクリアしました。

 

今までプレイしたゲームの中で一番世界観に引き込まれました。

 

 

舞台は数千年後の地球(の多分日本)。

突如襲来したエイリアンと、それが生み出した機械生命体により人類は滅亡の危機に陥り、月へと逃げた。

人類は人型のアンドロイドを地球に派遣し、機械生命体を滅ぼすヨルハ計画を実行する。

地球に派遣されたヨルハ隊員のアンドロイド2Bと9Sの闘いと、ヨルハ計画に隠された真実を描く作品。

 

 

本作は、「ニーアレプリカント」という作品の続編にあたるのですが、前作をプレイしていなくても十分楽しめました。

とはいえ、やっぱり過去を知っていた方がストーリーが理解し易いのだろうなと思う場面は多々ありました。

 

 

 

本作の一番の魅力は世界観です。

 

舞台が荒廃した地球という事で、基本的なステージは全て廃墟です。

ビルや商業施設の廃墟を走り回り、機械生命体と戦う様は、なんとも言えない世界観があり、引き込まれます。

 

切ないストーリーも、その世界観に厚みを持たせています。

 

エイリアンによって生み出された機械生命体は、その名の通り機械であり、意志や感情を持ちません。

しかし、物語を進める内にそんな彼らにも意志や感情が芽生え、生きる意味を考えたり、家族を形成したりしていることが明らかになります。

機械生命体は進化して人間に近づき、生きる意味を探していたのです。

一方で、主人公達アンドロイドは、意志も感情もあるものの、「人類の為」という命令の元、それらを表に出さないようにし、壊れるまで戦い続けます。

壊されるために、死ぬために生きているのです。

そんな機械生命体とアンドロイドが戦い、殺し合う様は、とても複雑な感情をプレイヤーに抱かせ、切なさを生み出します。

 

加えて、本作はマルチエンディングを採用しているのですが、基本的にどのエンドもバッドエンドで、救いがありません。

主要なキャラクターはバンバン死ぬし、その死に方も切なくて辛くなります。

極めつけは、唯一のハッピーエンドと言えなくもない真のエンディングを迎えるとセーブデータが全て消えるという仕組み。

きちんと理由があってセーブデータが消えるのですが、その消す過程を逐一プレイヤーに見せるという鬼畜さ。

プレイしている間も切ないし、プレイし終わっても切ないです。

 

ですが、ここまで徹底して切なさを演出しているからこそ、世界観に厚みが増しているのだと思います。

 

 

これまで経験したことの無い位世界観が独特なゲームでしたが、とても良い作品でした。

今度は前作からプレイしてみたいです。 

 

ニーア オートマタ - PS4

ニーア オートマタ - PS4