読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

何の為に仕事をするか

昨日、半期に一度の会社の部長面談がありました。

基本的には何気ない話とか今後どんな仕事したいかなんてことを話したのですが、一つ印象に残った事がありました。

 

それは、「何の為に仕事をするか」ということ。

字面だけ見るとなかなかヘビーな話に見えますが、その実は世間話から発展したもので、「普段どんな意識で仕事をするか」という程度のものです。

 

部長さんは、

「自分がどうとか、会社がどうとか色々考えがあるけど、プロジェクトに入ったらそんなものはどうでも良くて、一番に考えるべきはどうすればプロジェクトが良くなるかだと思うんだよね」

と言っていました。

きっとそれは社会人として、ビジネスマンとして素晴らしい考え方で、そうやって考えているから部長にまでなったのだと思います。

 

そんな話を聞きながら、やっぱり私はそうは思えないなと思いました。

極論言えば、プロジェクトとかどうでも良いんです。

それが失敗しようか成功しようがどうでも良くて、まず自分が日々心落ち着いて暮らせれば良いのです。

だからきっと、社会人として、ビジネスマンとしては失格なのだと思います。

 

だけれども一方で、そうやって部長さんの様に考えなければならないということも無いと思うのです。

もしかしたらそれは、私が今の仕事に対してやる気がないからかもしれませんし、そもそもの性格としてそうやって考えることが出来ないのかもしれません。

いずれにせよ、人には色々な考え方、在り方がありますから、何が正しくて何が間違っているということは無いと思うのです。

 

私はどうにも断定的で、何かが正しくて何かが間違っていると決めつけたがる質なので、そうやって人それぞれだと思えるようになったのは中々の進歩だです。

ただ一方で、今の考え方だと将来苦労しそうだなぁと漠然と思ったりもしています。

なんにせよかんにせよ、今日も仕事をするしかないのです。