読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

【感想】空海と最澄はどっちが偉いのか?日本仏教史七つの謎を解く/島田裕巳

タイトルに惹かれて買った本。

 

日本仏教史の中で、空海最澄はなかなか面白い存在だと思います。

叩き上げの天才で真言宗を完成させた空海と、エリートだが天台宗を完成させられずにこの世を去った最澄

同じ時期に生きた二人の対比は中々に面白いです。

 

本書の表題もその対比から来ているのですが、あくまで一つのトピック。

他にも、葬式仏教についてや親鸞日蓮についてなど、本書が規定する「七つの謎」について平易な文章で書かれています。

 

 

本書を読んで感じるのは、日本仏教の異様さ

元々は「渇愛を滅尽して物語の世界(輪廻)から脱出せよ」という教えでしかない釈迦の教えを、色々とカスタマイズして出来上がった日本仏教

一番目から鱗が落ちたのは、「仏教は現世で輪廻を止めるための教えで、出家者は家族を持たない。だからそもそも仏教が家族や葬式と結び付くはずがない」という説。

なるほど確かにと思いました。

 

では、何故日本仏教ではそうなったのか。

普段は当たり前と思う葬式仏教が成り立っているのか。

そこには、日本古来の思想としての神道が影響していると言います。

神道八百万の神々と言うように、何でも神にします。

また、先祖霊の考え方もあります。

この神道が日本人の思想のベースにあるから、仏教が死と結び付いたり、釈迦を神の様な存在とみなす思想が生まれたのではないかと筆者は述べています。

なるほど、納得感があります。

 

となると、日本の仏教の異様さを解明する鍵は今度は神道にある訳です。

普段何気なく行く神社の裏にはどの様な思想があるのか、そして、それまでの神仏習合を止めさせた廃仏毀釈も気になります。

廃仏毀釈が起こったから、日本人の信仰が無理やり仏教から引き剥がされてしまった。

それでも人々の生活の中には仏教の習慣や思想が根付いていたから、おかしな事になっていった。

何故政府は廃仏毀釈を行ったのか、目的と効果は何だったのか。

ここも気になります。

 

もっと言うと、天皇についても気になります。

元々仏教は国家宗教として伝来して、天皇自ら仏教に帰依していた。

でも、上述の廃仏毀釈の影響で信仰は神道となった。

そもそも、天皇とは何なのか。

日本人の思想にどんな影響を与えているのか。

 

気になることだらけですね。

 

 

普段当たり前と思っていることも、よくよく考えてみると分からないことだらけ。

そんなことを再確認する良い機会となりました。