緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

スピーチの力を感じた日

昨日は、およそ半年ぶりにTOAST MASTERSにてスピーチを行いました。

久々過ぎて緊張したのか、例会が始まってしばらくすると徐々に体調が悪くなりましたが、無事にスピーチを終えたら元に戻りました。

 

スピーチの内容は以前記事で書いた「自分にお疲れ様という言う」そのまま。

今回のテーマがボディーランゲージだったので、ちょうど良い内容でした。

mochiarion.hatenablog.com

 

 

スピーチが終わって、メンバーからのフィードバックをもらうと、内容に対して非常に好意的なものがほとんど。

「自分も言ってみようと思います。」とか、「何か大切なものを教えてもらった気がする」とか。

ちなみに、ボディーランゲージの方は、もっと動いた方が良い、とのことでした。(難しい)

 

 

例会終了後も、皆が口々に「お疲れ様」と言いあっていて、自分のスピーチがなんだか大きなムーブメントを引き起こしたような感じがしました。

自分が感じた事や考えたことを人に伝えて、それが誰かにとって助けや新しい視点になるというのは、何にも代えがたい喜びがあります。

そして、スピーチにはその力があるということも感じました。

 

これからも、このブログでもスピーチでも、自分が感じたこと、考えたことが誰かの助けになることを願いながら、発信出来たら幸いです。