緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

満員電車

毎朝毎朝、満員電車に乗り込もうと必死になって体を押し込む人を見ると、「愚かだなぁ」と思う。

それは、乗ろうとする人に対しても、既に乗っている人に対しても。

 

乗ろうとする人に対しては、一本後の電車に乗ったって、大した差は無いのだからそんなに焦らなくて良いではないかと思う。

田舎ではないのだから、遅くなって5分後には次の電車が来る。

人を押しのけて無理やり乗り込むストレスを抱えるなら、一本逃して多少はゆとりを持った方が良い。

それで遅刻して怒られるなら、少し早く家を出れば良い。

そんなに焦って、イライラして、何をしたいのだろうかと疑問に思う。

 

既に乗っている人に対しては、もっと車両の中に行けば良いのにと思う。

満員電車によくある光景として、ドアの前はぎゅうぎゅうだが、座席の前(車両の中程)は余裕がある、というものがある。

何故そうなるかというと、既に乗っている人達がドアの前にたむろしているからだ。

それが数人でも中程に移動してくれれば、ドアの前はもう少し楽になる。

それをしないのは、多分降りるときに降りられなくなることを心配してのことと思う。

でもそれは、きちんと「降ります」と言いながら進めば良意話で、周りの人もそういう人には道を譲るだけの余裕があれば良い。

 

結局、やっぱり皆余裕が無いのだと思う。

一本電車を見逃す余裕も、少し中に入る余裕も。

社会人のストレスの原因に、満員電車は常に存在するという。

もっと全体として、余裕を持てる社会になれば、ストレスも満員電車も無くなるのに。