緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

Pythonの勉強方法

今回はPythonの勉強方法について書きます。

勉強方法とは言え、まだ初めて一月位なので大したことは言えませんが。

 

まず、私が勉強を始めてすぐ、Pythonの変数宣言すら知らなかった頃に使ったサービスが、Progateです。

prog-8.com

これはRubyPython、htmlなど、複数の言語について学べるサービスです。

似たようなサービスにドットインストールがありますが、大きな違いはこちらはスライド形式だということ。

一つのテーマごとにスライドで説明があり、その後演習問題を解くという形。

以前紹介したClou9同様、自分のPCに環境を構築しなくても勉強出来ることが良いです。

唯一の欠点は、Pythonに関するコースがまだ充実しておらず、割かし早い段階で勉強がストップする点。

しかし、Python文法の基礎に関して丁寧に学べるので、非常に良いサービスです。

また、他の言語も気軽に学べるので、気分転換も出来るのが良いですね。

 

 

Progateでの勉強が終わった後に私が始めたのがCheckiOです。

py.checkio.org

これは、JavaScriptPythonについてゲーム形式で学べるサービスです。

難易度別に問題が分かれていて、基本的なStringやintの扱いから、ループ分の扱い方まで、様々な問題があります。

一番の面白いところは、他のユーザーの回答が見れること。

自分が頭を捻って考えた回答も、他のユーザーは一行で書いていたりする。

「そんな書き方があったのか!」と驚くことがありますし、新しい視点を得るのに非常に役立っています。(他の人のコードを読むこと自体面白い)

今のところ初級問題をひたすら解いていますが、なかなかの難易度です。

今はこちらで楽しみながらPythonに慣れています。

 

 

最後は、書籍です。

ChekiOで実践するのは良いのですが、知識が散漫になってしまうので、まとめ役としての書籍を買いました。

ちょうど昨日買ったのが「入門 Python3」。

入門 Python 3

入門 Python 3

 

技術書といえば(分かりにくい)のオライリーからの本。

こちらは通常の本よりも一回り小さくて持ち運びがしやすいです。

また、「入門」とある通り、書いてあることはProgateで学んだことが半分以上。

ただし、技術書らしくもう少し細かく書いてあるので、リファレンスとして使えそうです。

後半はWebサービスやDBの話で、もう少し踏み込んだ話になるようなので、ちょうど初心者から初心者脱出までという位置づけだと思います。

 

 

以上が、私がPythonを勉強している方法です。

まずはこれらで基本的な関数や考え方、プログラムを書くということに慣れて、ある程度したら人工知能の方に進めればと思います。(いつになることか)

多少自信がついたら勉強会とかに行くのも良いのかと思っています。

 

他にも良い勉強方法があれば教えていただけると幸いです。