緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

ギアが噛み合わない感覚

最近、本を一冊通して読めないことが多い。

なんというか、読んでいるうちに心とギアが合わなくなるのだ。

 

本を読んである間は、心を落ち着けて集中する必要がある。

つまり、ギアを落とす必要がある。

しかし、最近は読んでいる途中で自分のギアが早くなっていってしまって、落ち着いて本を読めなくなることが多い。

 

心理的に焦っていたりイライラしたりしていることが一因だとは思うが、どうにも居づらい。

せっかく買った本を読めないのはもったいないし、自分にとって重要な情報があるかもしれないのに得られないのは残念だ。

 

だけれども一方で、それを求めているのは自分なのだから、それで良いのかもしれないとも思う。

つまり、ギアが合わなくなるということは、その本との波長が合わなくなっているということで、今の自分には不要だと言うことなのかもしれない。

そう考えると、コロコロと本を変えるのも悪くないのかもしれない。

 

何が良いか悪いかは分からない。

だが、一番大事なのは自分の心や感情を大切にすることだと思う。

だから、せっかく買った本だけど、また本棚にしまおう。