緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

【感想】ミカヅキの航海 / さユり

ある日youtubeを観ていたら偶然見つけたシンガーソングライター。

アニメの主題歌を歌っていたりしているが、アニソンシンガーという訳ではない様子。

デビュー前は路上ライブをやっていたらしい。

 

まだ二十歳で幼さの残る容姿に雨合羽とアコースティックギターという出で立ち。

キャッチコピーの「酸欠少女」と共にかなり独特な雰囲気を持っているが、そこにまた引き込まれる。

 

そんな彼女の魅力は、パワフルな歌声とメッセージ性の強い曲達。

私が感じたイメージとしては、

  • 歌声:LiSA
  • 世界観、メッセージ:amazarashi
  • 曲調:米津玄師

という感じ。

 

「生きることの不自由さとそれでも生きていたい欲望」という現代の多くの人が抱える悩みを力強い歌声で伝えている。

アルバムに収録されている曲には、「それでも」「せめて」「だけど」のような諦めきれない言葉達が多く含まれている。

その言葉達に、彼女が実際に感じた絶望と、それでも諦めきれない感覚が宿っているように思う。

 

個人的には、さユりの自己紹介のような曲であるアルバムのリード曲「ミカヅキ」。

RADWIMPS野田洋次郎提供の「フラレガイガール」。

壮大な別れと希望の曲「来世で会おう」。

生きる希望を歌い上げる「Birthday song」が好きだ。

 

CDを買う前に、まずは以前行った新宿の路上ライブの映像を観ていただきたい。

彼女のパワフルなパフォーマンスに圧倒される。

★前代未聞!都内2000人集結の感動の弾き語りライブ★“酸欠少女”さユり、5/19(金) 新宿駅新南改札外「Suicaのペンギン広場」ライブのドキュメントダイジェスト映像 - YouTube

 

まだ二十歳ということで、これから沢山の曲を出していくことが期待される彼女。

是非心に響く曲達を沢山世に出していって欲しい。

 

ミカヅキの航海(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)