緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

ありがとうございました

ここ二三週間は忙しさと面倒臭さで精神的に摩耗され続けておりました。

久々に死にたいと思ったりもう仕事辞めたいと思ったりと色々あったのですが、無事に生きていますし仕事も続けております。

 

私みたいにちっぽけな存在がいくら悩んだところで時間というものは平等に過ぎ去って行く訳で、気付いたらさりげなくブログを初めてから一年が経っていました。

 

この一年、毎日ブログを更新することを目指してきました。

個人的感覚では出来ているはずなのですが、どうやらどっかで一日漏れがあった様で、連続記録365超とはなっていません。

が、そこはご愛敬。一年間毎日更新してきました。

 

ブログを開始したきっかけは、休職を通じて自分が今まで溜め込んできていたものを外に出すためでした。

普段私が感じていること、考えていることを外に出すことで、自分の中で溜め込まず、自分を客観的に見る。

途中から思想の世界に傾いたり、最後の方は愚痴だらけになりましたが、概ねその目的は果たせたのではないかと思います。

 

一年間続けてみて思ったことが幾つかあります。

一番は、毎日続けるのはエネルギーがいるということ。

どれだけ疲れていても、面倒臭くても、毎日何かしらのアウトプットをするというのは結構なエネルギーがいりました。

そんな中、頑張る後押しとなったのは、読んでくださっている皆様の「読んでくれているよ」というお知らせでした。

はてなブログのスターだったり、Facebookのいいねだったり、読んでくれている皆様が発信する「読んでいるよ」というお知らせが、エネルギーも使って何を書いて良いか分からない状況でも非常に力になりました。

皆様のお陰で一年間頑張れたと言っても過言ではありません。

 

他にも、自分が面白いと思うことと読む人が面白いと思うことは異なるということや、結局自分の言いたいことって一つなんだとか、書いている内に考え方の方向が固まってきてしまうこととか色々あるのですが、面倒臭いので割愛します。

 

さて、一年間続けてきて、自分の中で一つの区切りが付きました。

私がこのブログを更新しようがしまいが、世界にとってはどうでも良くて、それで何かが変わるわけでもない。

誰かの人生を大きく変えることなんてない。

はてなのサーバーがぶっ壊れれば消える儚い存在でしかない。

それでも、この一年間に私が書き積み上げてきた記事達には意味があります。

そしてその意味は、私にとり何か重要なものであるはずなのです。

だから私は、今一度このブログが自分にとって持つ意味を考えなければならないのです。

 

ということで、もはや日常のルーティーンに組み込まれたこのブログですが、ここで一度小休止を入れようと思います。

具体的には、今日からしばらく記事を書きません。

これから何をどう書くのかを少し考えます。

 

皆様一年間どうもありがとうございました。

広告を非表示にする