緩くいこうぜ、人生長いんだ。

お前の人生ようやく始まったようなもんじゃん。

文春の豆鉄砲

あまり多くの人に関わりの無いことであるが、昨日の夜、週刊文春LIVEにて声優の茅原実里さんの熱愛が報じられた。報道は事実であるらしく、その直後に茅原実里さんのブログでも本人が事実であることを認めた。

当初、本報道は私の大好きな水樹奈々さんの結婚かと思われており、多くの奈々ファンがその吉報を待ち望んでいた。私自身、お奈々のことであれば良いなぁと思いながら、一方でもしそうであるならば報道の前に公式で発表して欲しいと思いつつ、日々を過ごしていた。しかしながら、蓋を開けてみればお奈々ではなくみのりんであった。

声優といえば、もはやアイドル的存在である。声優になる為には、容姿端麗で歌とダンスが上手くなければならなくなってきた。報道をした文春としては、アイドル声優の熱愛発覚ということで多くのファンが発狂し、殺害予告が出たりなんだりして一騒動起きることを目論んでいたのかもしれない。だが、実際にはファンは発狂なんぞすることなく、「もういい歳だしおめでとう」と祝福をした。文春砲は不発に終わった訳である。私も、一声優ファンとして、ハルヒみなみけなど、様々な作品で活躍し、良い曲も沢山出している彼女に恋人がいるというのは喜ばしいことである。 

これはあくまで私の推測でしかないのであるが、私は文春のこの一騒動、起こしてやろうという姿勢が大嫌いである。人の結婚だとか不倫だとか、誰それが不仲だとかなんだとか、それは本人の自由である。それが仕事に影響を及ぼしたり、事務所を解雇されたりするようなことで、多くの人に本当に迷惑をかける行為でない限り、本来私達にはどうでも良いことなのだ。

昔、ゲスの極み乙女の川谷とベッキーの不倫が報じられた際、ゲスの音楽に対する評価が掌を返したように変わったことについて、誰かが秀逸なコメントを残していた。

「それって、例えば美味しい寿司屋があったとして、今までは美味しい美味しいって言って食べていたのに、対象が不倫していることがバレたら、『不倫している人が握った寿司なんて食べたくない』って言っている様なものだよね。大将が不倫していようが何していようが、寿司の味は変わらないし、寿司に罪はないよね。」

言い得て妙である。私達は、どうやらそういったどうでも良いことに過敏に反応するらしい。どの国でも時代でも、ゴシップネタというものは需要があり、多くの人を引きつけているしかし、そういった本来私達の生活においてどうでも良いものに引っ張られ続けるのは疲れる。自分の人生だけで精一杯で、日々イライラすることや大変なこともあるというのに、直接的に関係の無い人のあれやこれやまで背負わなければならないというのか。

どうでも良いものどうでも良いと割り切り、自分の手を放す。それが出来たならば、些細な事にも目くじら立てることなく、なんなら誰かを祝福することも出来るかもしれない。

とりあえず、みのりんおめでとう。