緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

シャッフル

最近は音楽を聴く時、シャッフル再生にするのが好きだ。

基本的に私は、音楽を聴く時は好きな曲だけを聴いたり、アルバムを通して流したりすることが多い。それはそれで音楽の一つの楽しみ方なのだが、しばらくすると飽きてくる。そんな時、単一アーティストだけでも持っている音楽全てに対してでも良いが、シャッフル再生をすると、思いもよらぬ曲が選ばれて楽しい。それはつまり、音楽と、自身の感覚のその時にしかない出会い、一期一会である。だから、「お、この曲が来たか!」と思う時もあれば、「これは今の気分と違うんだよな」と思う時もある。そんな一期一会を楽しむことこそ、シャッフル再生の醍醐味であると思う。

これはラジオにも言える。ラジオは、番組の趣旨に沿ってパーソナリティが選んだ曲がランダムに流される。それらが自分の好みと合うかどうかなんて保証は全くないが、思いもよらず良い曲に出会えたりする。そしてそれは、大抵の場合それまで自分が興味を持たなかったようなジャンルだったり、アーティストだったりする。そして、そこから新しい曲との付き合いが始まっていくのだ。

さらに広げれば、これは人生の全てに当てはまるかもしれない。ずっと同じ人と付き合っていたり、同じ場所にいたりすれば、それはそれで楽しいのだが、考えが固まってきて飽きてしまう。そんな時こそ、初対面の人に会ったり、いつもと違う場所に出かけたりするのが良いと思う。新しい風を入れることで、気分が晴れたり、何か新しい発見があるかもしれないのだ。

一期一会とは、つまりは無常である。この世界に常なるものはなく、全ては転々流転しているのである。ともすれば私達は、忙しい日々の中でその世界の真理を忘れてしまいがちであるが、意外と身近な存在が、それを思い出させてくれるのだ。