緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

大分一人旅 三日目

大分一人旅三日目の本日は、九州本土最高峰である九重連山の中岳へ向かった。スタートの天気は悪かったが、その後晴れてきて素晴らしい快晴に。昨日の筋肉痛が残っていたが、本当に行って良かった。

 

7:30

車を飛ばすこと1.5時間、スタート地点である牧ノ戸峠に到着。ガスが物凄く、肌寒いということで、恐怖を感じながらのスタートとなった。
f:id:Mochiarion:20170828174246j:image

 

8:30

観光地として整備されているため、初めは舗装された階段の様な道。斜面も急で、何気に今回の行程で一番キツかった。

しばらくするとガスが晴れ、青空が見えてきた。目の前に現れた素晴らしい景色に息を呑みながら更に歩を進めて星が生まれる山と書く星生山に到着。風が強くてこれまた恐怖を感じながらも初めて見る景色にテンションが上がった。
f:id:Mochiarion:20170828174516j:image f:id:Mochiarion:20170828174532j:image

 

9:30

星生山からの岩場を乗り越え、久住分かれから久住山山頂へ。ガレキだらけで足場が悪かったが、軽快に頂上へ到着。そこから見た景色はまさに絶景であった。眼前に広がる下界と青い空。悩みなんかどうでもよくなるような広大な景色に、人間のちっぽけさを実感した瞬間であった。
f:id:Mochiarion:20170828174635j:image f:id:Mochiarion:20170828180820j:image 

10:30

久住山から少し回り道をしていよいよ目的の中岳に到着。久住山程の景観はないものの、九州本土最高峰に立っているという事実が胸に込み上げて来た。
f:id:Mochiarion:20170828174848j:image f:id:Mochiarion:20170828174857j:image

 

11:30

そのまま下山しようと思ったのだが、久住山の景色がどうしても忘れられなくてもう一度久住山へ。最初の頃よりも天気が良くなっており、より遠くまで下界が見下ろせた。

 

12:45

無事に下山。昨日の登山も相まって筋肉痛が酷かったが、圧倒的な達成感が疲労を忘れさせてくれた。その後は、温泉に入ってお昼を食べて軽くドライブをしながらユースホステルへ帰還。山は素晴らしいものだと再認識した一日であった。

 

最後に撮った写真をいくつか。
f:id:Mochiarion:20170828180335j:image
f:id:Mochiarion:20170828175922j:image
f:id:Mochiarion:20170828175942j:image

登山途中、何組か学生団体っぽい団体に出会ったのだが、皆スニーカーやジーンズといった軽装であった。確かに、3kmで400m弱しか登らないので、確かに傾斜はキツくないのだが、ガスれば遭難しかねない道ではある。私自身山はまだ初心者だが、だからこそちょっと大げさ位の装備が必要と思う。