緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

逃げてみる

空気から粘りつく様な湿気が消え、暑いとはいえ陽光と風の心地良さを感じることの出来る季節となった。夏程のエネルギーを感じることは無いが、このこれはこれで過ごしやすく良いものである。

最近はブログを更新する機会が減っている。特別書くことがないというのはもちろんなのだが、毎日の通勤の時間を勉強に充てるようになった事が大きい。何の勉強か書いて早々ストップしてしまってはなんとも有限不実行な野郎になってしまうので、詳細はもう少し流れに乗ってから書こうと思う。

なんにせよ、勉強をしているので、ブログを書く暇が無いのである。私は基本的に一つの事にしかエネルギーを注ぐことが出来ないので、何かをやっている間は他の事をすることが出来ない。それ故、勉強にエネルギーを注いでいると、ブログにまで気が回らないのである。とはいえ、こうしてたまには書いてみると、気分転換になって面白い。

勉強にせよ筋トレにせよ、究極的には全て現実逃避である。ゲームも読書もなんだって同じである。目の前の嫌な領域から目を逸らし、興味のある分野に目を向ける。その間は煩わしさも葛藤もい顧客もなくなり、自分だけの世界に入ることが出来る。

人によっては、それを逃げだとあざ笑うだろう。しかし、逃げて何が悪いのか。立ち向かうことは大事である。しかし、24時間365日立ち向かい続けていては身が持たない。ましてや、立ち向かいたくもないものに対してであれば尚更である。逃げるからこそ、無駄なダメージを受けることなく自分を回復させる事が出来るのだ。

どうにも日本は立ち向かうことへの美徳が強すぎる様だ。嫌なら嫌と、無理なら無理と言えるようになれば、皆もっと幸せになれるのだろうに。