緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

2秒

昨日は、久々にTOAST MASTERSでスピーチを行った。

内容は仏教入門。仏教の成り立ちと、原始仏教で説かれた悟りとは何かということに対する超概要。夏休みなどで約一月ぶりの参加ということで、しっかりと内容を詰めて練習した上で本番に臨むことが出来た。ちなみに、TOAST MASTERSはアメリカ発祥ということで、宗教や政治に関する話題は扱いが難しい。今回は、事実の紹介であるということを強調し、あくまで紹介に務めた。

結果は、7分半という時間制限に対して2秒オーバーしてしまった。TOAST MASTERSは、毎例会で各スピーチの中から最優秀を決めるのであるが、この時間オーバーのせいで私は候補から外れてしまった。例会後には多くのメンバーから面白かった、もっと知りたいという声を貰ったので、投票の対象外となったのはとても痛かった。

結果に関しては、時間をオーバーしたのは事実で、それは私の話すペースや内容のせいなので仕方のないことと受け止めている。しかしながら、2秒である。たったの2秒。されど2秒。 ほんの少しペースを早めたり、ほんの一呼吸置かないだけで調整出来た時間。本当に一瞬としか言いようのない時間。しかし、そんな些細な時間が大きな結果を生んだ。まさに、縁起である。

これは、スピーチに限った話ではない。人生何があるか分からない。それは必ずしも大きな出来事や期間によるものとは限らない。ほんの些細な時間、出来事で物事が大きく変わることもあるのであろう。それらはきっと予想することが難しく、気付いたらいつの間にか起こっている類のものであるかもしれない。しかし、私達の人生はそういったものによって大きく結果を揺さぶられるのである。

全てを完全に防ぐことは出来ない。せいぜいが備えるだけである。今回であれば、時間をオーバーしないように練習の段階から時間感覚を身に着けておく必要があった。他のことだってそうである。備えあれば憂いなし。日頃から何が起こっても大丈夫なように精一杯の準備をしておく必要があるのだろう。難しいが。

日々学ぶ事多しである。また次回も頑張ろう。