緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

一歩

遂に週一ですらブログを更新しなくなった。毎日勉強に忙しく、さらに業務も忙しい時期で、基本的に毎日遅くなるため、書く時間がないのだ。元々更新頻度は気にしないというスタンスで復帰したのだが、せっかく続けてきたものがないがしろになってしまうのは心苦しい。

ようやく正式に申し込みが終わったので、一体全体なんの勉強をしているのかを明らかにする。先月辺りから、翻訳の勉強を始めたのだ。翻訳とは言っても、書籍や映像ではなく、産業翻訳、つまりビジネス文書などの翻訳である。言語は英語、双方向ある程度できるようになりたいと思っている。

TOAST MASERSに通っている時点でお察しかもしれないが、実は私は帰国子女で英語が得意である。とはいえ、海外に住んでいたのは小学生の頃だったので語彙力は壊滅的である。翻訳をするにあたり、ベースとなる語彙力はかなりの程度必要なので、先月から英検1級の勉強を始めた。日常的に使わない英単語に苦しみ、長文を読んではストレスを溜めているので、ブログを書く暇がないのである。

さて、翻訳家を目指そうと思った経緯は、率直に言えば今の仕事が嫌だからである。過去に何回か書いたが、今の仕事は望んで就いたものではない。なので、仕事に対する意欲というか、根底にあるべきエネルギーがないのである。そんな事をこれから先60年とか続けるのは無理なので、転職をしようと考えていた。しかしながら、だからといってやりたいことも特になく、何か誇れるものもない。となった時に、TOAST MASTERSで私のメンターをしてくれている通訳の方の話を聞いている中で、通翻訳という言語を武器にする仕事に興味を持ったのである。幸いにして英語は得意だし、物を書くのも苦ではない。なにより、フリーの翻訳家として独立できれば、夢の在宅勤務が可能となるのである。そんな訳で、翻訳スクールのレベルチェックなどを受け、ようやく通うスクールへの申し込みが済んだのである。

ここから半年は、週一でスクールに通い、翻訳を学んでいく。その中で、やっぱり翻訳は向いていないと思うかもしれないし、また別の考えを抱くようになるかもしれない。しかしながら、どんな形であれ一歩前に進んだ事を、今は喜び、大事にしていこうと思うのだ。