緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

フラリーマン

今朝方テレビを観ていたら、「フラリーマン」なるものの紹介をしていた。曰く、会社を退勤した後にも真っ直ぐに家に帰らずにフラフラするサラリーマンの事だそうだ。

小さい子供がいる家庭を例に、主婦一人では大変なのでフラリーマンは以ての外という意見を紹介する一方で、ネットではその他の意見もあり、賛否両論であると伝えていた。

私個人としては、心底どうでも良い。個人個人家庭の事情が異なる訳で、それらを全く無視して表面上の行動だけを見てカテゴライズすることに何の意味があるというのだろうか。もしかしたら、よっぽどの恐妻で家に帰っても怒られるだけかもしれない。あるいは、買い物依存症でとにかく買い物をしないとストレスが発散できないのかもしれない。そのような背景を知らない限り、どちらが悪いと言うことは出来ないのだ。

にも関わらず、それらをひとまとめにしてあーだこーだ言うことは、何か一つ、正しいあり方を作り出そうとしているように思えてならない。ダイバーシティとは良く言ったものである。

皆他人を気にしすぎなのだ。もっと適当に生きようぜ。