緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

苛々

何をしようと腹が立つ時がある。まさに今である。何かを言おうとすれば、そんな事を言う自分に腹が立つ。言わなければ、飲み込む自分に腹が立つ。いかんせん苛々が溜まるものだから、機嫌が悪くなってくるとそんな自分に腹が立つ。つまりは苛々が苛々を生む状態である。

こうなってしまうと、苛々の連鎖を止める他ない訳だが、それがなかなか難しい。些細な事にも腹を立てるようになるため、ちょっとやそっとでは腹の虫は収まらない。なぜ収まらないかと考えれば、思い通りに行かないからである。何かをしようとすれば、必ず他者と関わらざるを得ない。しかし、他社というものは思い通りにならないものであるが故、思い通りにならないことに対して腹が立つのだ。

ならば、解決する方法は一つで、一人になることである。一人になり、自分の思うがままに行動することで有能感を自覚し、苛々を沈めることができる。こうして今文章を書いているのも。恐らくは精神の安定に寄与していることだろうと思う。

他者なんぞいなくなれば良い。そうすれば、こんな苛々なんぞ感じずにするはずである。しかしながら、いなければこうしてものを書くこともできないので、なんとも面倒臭いものである。