緩くいこうぜ、人生長いんだ。

世の中どうでも良いことばかりだよ

久々に、立ち止まろう。

約一月ぶりの更新である。

最近は、土日は翻訳の勉強、平日は仕事してから翻訳か筋トレ、ボルダリングという日々を送っている。通勤中は、英語の勉強をしているか、他の本を読んでいる。書きたいことが無いわけではないが、日々やることが多いので書こうと思わないだけである。

さて、そんな私が久々に何を書こうかというと、何もない。何も書くことがないのにこのアプリを開いてみた。開いてみたは良いけれども、やはり書くことがない。だからとりあえず近況報告的なことを書いてみている。

先日、suicaオートチャージにしてみた。これがとんでもなく便利である。残高を気にする必要もないし、券売機でチャージする手間もない。大きな買い物さえしなければ、これまで現金で支払っていた分をカードにするだけなので、使いすぎることもない。なんとも便利な世の中である。

suicaから派生して、最近はキャッシュレス化に力を入れている。家賃の支払いの都合でメインで使っているのはエポスカードなので、ポイント還元率は悪いのだが、せめて多くポイントを稼ぐために出来るだけお会計はカードにしている。これも便利である。使用明細がネットで分かる上に、家計簿に転機する必要もない。家計簿自体、マネーフォワードなので、全自動である。なるべく労力を減らして楽をする。これほどまでに楽しいことはない。

楽しいといえば、最近はボルダリングがすこぶる楽しい。初めて半年、ようやく5級を登れるようになり、登っているという感じが出てきた。どうすればできるのか考え、試行錯誤して登りきった時の達成感は癖になる。できないことに挑戦するのは良いことである。

できないことといえば、翻訳はいまいちできない。英語力に自信はあったのだが、これまで自分がいかに適当に英語を使ってきたかを思い知らされている。原文の理解、訳語の選択、文法的な正しさなど、気にかけるところがとても多い。初めての作業、考え方に悪戦苦闘する日々である。しかし、逆に言えば伸びしろがあるということなので、徐々にレベルアップしているように思う。少しずつでも前進すれば、それで良いのである。

なんだ、書くことは沢山あるではないか。普段は見過ごしてしまう物事でも、改めて書き出してみると溢れるものがある。先に進むのは大事だが、立ち止まり振り返ることも、同時に大事なのである。