緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

今朝、いつものように駅へ自転車を転がしていると、普段よりも人が少ないような心持ちがした。なぜだろうかと疑問に思っていると、そうか、学生がいないからだと気がついた。

確かにここ数日、袴姿の女子大生をよく見かけた。慣れないスーツに身を包んだ哀れな就活生も度々目にした。世間は確かに春を迎えているようだ。

昨日、妻と一緒に近くの河川敷へ桜を見に行った。大勢の人が桜並木の下で酒盛りをしたり昼寝をしたりと、銘々に春を満喫しているようであった。花粉症の妻は、私には無理じゃと苦笑いしていた。

寒い冬を抜け、暖かな春の日差しに身を委ねると、心の緊張も解け、おおらかな気持ちになるような気がする。柔らかな光に照らされて、人はまた新たな一歩を踏み出す。誰しもにとって、良い春であることを願わずにはいられない。