緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

ストリート・ワークアウト

ストリート・ワークアウトというものをご存知だろうか。鉄棒や雲梯など、公園やアスレチックにあるものを使用して屋外でトレーニングを行う自重トレーニングの一種である。欧米で人気だが、まだ日本ではあまり流行っていない。どのようなものかは以下動画を観てもらえれば良いかと思う。一言でいえば、超人的である。


THE REAL STREET WORKOUT

 

日本ではやっていない理由として一番大きいのは、設備がないことであると思う。そもそも公園が少ないし、その公園でも鉄棒などの遊具は危険という大人たちの一声で撤廃されてしまっている。しかし、幸い私の家の近くの公園には、雲梯やアスレチックがある。そこで昨日、私もストリート・ワークアウトを行なってきた。もちろん、初心者中の初心者なので、ビデオにあるような超人的な技は全くできないのだが、懸垂や逆立ちなど、自宅での自重トレーニングでは難しいことなどができた。

ストリート・ワークアウトのいいところは、自重トレーニング全般もそうなのだが、基本的にコンパウンドのトレーニングだということである。コンパウンドとは、複数の筋肉を同時に使うことを意味する。例えば懸垂であれば、メインは広背筋だが、姿勢を支えるために腹筋を使用したりする。複合的に筋肉を使用することで、より実践的な動きができるようになる。私は筋トレをしているが、別にボディービルダーになりたいわけではない。筋トレを通じて何かしら動けるようになりたいのだ。なので、このトレーニングは非常に目的に適っている。さらに、外で運動をすることで気分も良くなるし、トレーニングの際にどうしても発生知る衝撃や音を気にしなくても良い。なので、普段自宅でやるよりも安心して、ダイナミックな動きができた。

何をしようか悩みながらおおよそ1時間くらい汗を流したら、非常に心地よい開放感に包まれた。自宅でできないトレーニングもできるので、是非これから、定期的にメニューに組み込もうと思う。できることならば、仲間がいれば教えてもらったりもできるのだが、残念ながら近くにはいないようである。どこかそのようなジムや集まりはないものだろうか。