緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)アスリートスタンド

先日、何を思い立ったかアスリートスタンド(あるいはディップススタンド)を買ってしまった。

私は基本的に自重トレーニングを行なっているのだが、一番の問題はなかなか実践的、複合的なトレーニングができないこと。特に背筋。もちろん、ストリートワークアウトのように公園の器具を使用したり、広いスペースを使用すれば、そんな問題はなくなるのだが。しかし、私のように朝の限られた時間の中でトレーニングをしていると、毎朝外に出るのは大変だし、自宅であまり大きな音を立てることもできない。なので、やはり種目には制限が出てしまうのだ。

そんな中、いくつかのトレーニング動画を観ている中でアスリートスタンドの存在を知った。これがあれば自宅でも背筋のトレーニングができる!ということで、Amazonで購入した。 

 

購入したのは ケトルベル魂の商品。お値段9,000円くらいなので、多少値は張るが、ジムに行ったりすることを考えれば、安いと言える。

 

さて、配送時はこんなダンボールで届いた。重量が二つで12kg位あるので、持ち上げるのにある程度力がいる。荷物を受け取った妻は、こたつかと思ったそうだ。
f:id:Mochiarion:20180422075114j:image

 

開封。取っ手部分と足場部分が別れているので、これをネジで止める。
f:id:Mochiarion:20180422075125j:image

 

これでワンセット。接続部分は三つのネジがあり、六角レンチで止める。レンチは付属されているので、工具を用意する必要はない。
f:id:Mochiarion:20180422075128j:image

 

完成形。一本10分くらいかしら。ネジはスムーズに回るし、分かりにくいところもないのでサクッと作れた。
f:id:Mochiarion:20180422075132j:image

 

もう一本も組み立てて完成。所要時間20分ほど。組み立てた後、若干ガタついたが、足についているキャップを調整することで調整できた。
f:id:Mochiarion:20180422075135j:image

早速使ってみたが、これが素晴らしい。ディップスはもちろん、タックフロントレバーもできるし、Lシットの練習もやりやすくなる。他にもストレッチに使えたり、色々な用途がありそう。

難点があるとすると、ある程度重いので、移動させて床に置くとき、割と大きめにガン!という音が出ることか。後、フローリングの上で使うと足の裏のキャップが滑るので怖い。いずれも、ヨガマットなどの上に置いて使用すれば解決するので、そこまで大きな問題ではない。

これでトレーニングの幅が広がると喜んでいたのだが、妻に見せたら若干ガチで引かれた。大丈夫、自分でも少し引いているから。

何はともあれ、きちんと使えば良いのだ。トレーニングに使って、身体を鍛えれば、買った意味もあるというもの。これからこの子と一緒に頑張ろう。