緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

PC環境を快適にしよう

私は普段、MacBook Pro 13インチ(Touch barなし)を使用している。

とはいえ、根っからのMacユーザーというわけではない。昨年末、なんと妻が会社の忘年会のビンゴで当ててきたのだ。彼女の運は本当にすごい。それ以来、本来は妻のなのだが、私がメインで使用している。本ブログの記事を書いたり、翻訳の課題位にしか使用していないから、宝の持ち腐れ感が半端ないのだが、私にクリエイティブな才能はないので仕方がない。

ディスプレイは綺麗だしキーボードも(十字キー以外)打ちやすいので別に問題はなかったのだが、どうしても二つ不満があった。画面が小さいことと、トラックパッドは指が疲れるということだ。

ノートPCなのだから、画面のサイズについて文句を言っても仕方がないのだが、やはり小さいよりは大きい方がいい。翻訳の課題をしていると、原文と訳文、さらに調査ようにインターネットの画面を開いておかないと、いちいち画面を切り替えるのが億劫でやってられない。トラックパッドも、トラックパッド自体は非常に使いやすくていいのだが、いかんせんPCの真ん中にあるので指を変に曲げないと使えない。スクロールなんかを頻繁に行うと、指が痛くてかなわなくなってしまうのだ。

ということで、私は考えた。どのようにMacの環境を快適にすることができるだろうか。いっそのことiMacを買うか。いや、それはさすがに勿体無い。Windowsのデスクトップを買うか。いや、Macはどうなるのだ。色々と考えた結果、答えはシンプルだった。

 

外部ディスプレイに繋いで、マウスを買おう。

 

シンプル・イズ・ベスト。あとは、何を買って机の上をどうレイアウトするかである。その結果は、また次の記事で。