緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

宮崎旅行 三日目

自宅のお布団が一番!

ということで、昨日無事に宮崎から帰宅した。最終日である土曜日は、あいにくの雨。ニュースを見たら、ちょうど九州は梅雨入りしたそうだ。もうそんな季節か。

 

朝8時、起床。決して気持ちの良い朝とは言えない雨の振り方に辟易したが、それよりもなによりもひどい寝癖に辟易した。

前日にチェックインしていた(のかなあの人)韓国人の一人旅おばちゃんが、どこに行くのかと訪ねてきたので、とりあえず宮崎駅に向かおうかと思うと伝えたら、一緒に車に乗せてほしいとお願いされたので、菩薩の如き優しさを持つ私は、荷物を片付けて、おばちゃんを乗せて宮崎駅に向かった。

道中はおばちゃん(ここまでおばちゃんおばちゃんも書いてきたけれども、多分年齢は30代中盤から40代。お姉さんでもいいかもしれないけど、私の中の何かが頑なにおばちゃんと言わせたがっている)の旅の歴史を聞いてみた。いわく、すでに日本は20回以上来ており、北は北海道、南は今回の九州まで、あらゆるところを旅しているという。今回も、15日間の旅程で、福岡から出発して、大分や宮崎を旅して鹿児島まで行くとのこと。私のようななんちゃって一人旅とは違う、ガチの旅人であった。

宮崎駅に到着。おばちゃんを駅に下ろし、さて私はどうしようかと悩んだ。飛行機の時間は15時前。その時の時間は9時くらい。これはいかんともし難いということだ、今来た道をトンボ帰り。ドミトリー近くの温泉で時間を潰すことにした。

 

お世話になったのは「神話の湯」という銭湯。

青島フィッシャーマンズビーチサイドホステル&スパ

銭湯とはいえ、宿泊施設や食事処も着いている。温泉の日帰り利用は500円程度で、一日中出入り自由というから恐れ入る。とはいえ、私は数時間お世話になるだけなので、あまり関係ない。 

温泉に入り、身体が温まったので、時間まで休憩所でぐでぐでしていた。施設には太っ腹なことにNARUTOが全巻揃っていたので、最後から数巻を読んでいた。もちろん、NARUTOを読むのは初めてである。

 

グデグデしていたら良い時間になったのでレンタカーを返して空港へ。お昼ご飯は空港のレストランで親子丼を食べた。鶏肉がプリプリしていて美味しかった。
f:id:Mochiarion:20180526233917j:image

 

そんなこんなで飛行機に乗り、成田に到着。無事に帰宅を果たした。

 

あっという間の宮崎旅行。最終日はあいにくの雨だったが、グダグダするのも踏まえてとても楽しめた。

美しい海、空、山、優しい人々。どれも関東にいては経験することのできないことだった。日本にいながらも南国ムードが漂っていて、どこか異国感があった。こんな場所が日本にあるなんて全く知らなかった。新しいことを知ることができて、良い旅になった。

 

長かった休みも本日で終わりである。悔いの残らない様、しっかりと休む所存である。