緩くいこうぜ、人生長いんだ。

What matters is how you live your life.

今日

「今日が人生で一番若い日」という言葉がある。だからこそ恐れずに挑戦しよう、というポジティブなメッセージが込められている。それはそれでとても良い言葉だが、同時に「今日が人生で一番老いている日」とも言える。これまでよりも体力が下がっているかもしれないし、色々と面倒なことを背負ったりしていることもある。

つまりどちらでもあり、どちらでもないということだ。過去や未来なんて存在しなくて、ただこの瞬間だけが存在する。そこに前後との関連性を持ち込んで意味付けするのは人間であり、一歩離れた視点から見れば、そんな意味から解き放たれる。

仏教的に言えばそうだし、多分現実はそうなのだろうが、なかなかそう理解して生きることは難しい。特に、我々のように身の安全が確保されて、過去や未来など「無駄なこと」を考える余裕のある時代・国に生きる我々にとっては。

でも、たまにふとした瞬間に、そういった意味の世界を離れて、この瞬間に目を向けてみると、色々楽になったり、前向きになったりするかもしれない。我々は常に、色々背負いすぎている。